ターヤ/アクト II【通常盤2枚組DVD】
Tarja photo by Tim Tronckoe

2018年9月7日発売


フィンランドが生んだ大スター、ターヤが、20名の観客を招き、名門メトロポリス・スタジオで行われた16年のスペシャル・ライブ、そしてNightwish時代の楽曲も含むミラノでのライヴ・レコーディングをDVD、Blu-ray、CDでリリース!ターヤ自ら「ライヴ・ビデオではなくライヴ・アート・ビデオ」と言い切る映像作品は必見!
【日本語解説書封入/日本語字幕付き(インタビューのみ)】

アクト II【通常盤2枚組DVD】

ターヤ アクト II

商品形態
通常盤2枚組DVD
品番
GQBS-90378〜9
JANコード
4562387207152
価格
4,320円(税抜 4,000 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

フィンランドが生んだ大スター、ターヤ・トゥルネン。その足跡を簡単に追ってみよう。

幼いころから音楽を愛し、周囲にもその才能に一目を置かれていたというターヤ。そのキャリアを決定付けたのは、サラ・ブライトマンとの出会いであった。ポップ・ミュージックをクラシカルに歌うそのスタイルに大きな感銘を受けたという彼女は、シベリウス音楽院にてソプラノ歌手としての訓練を積むことを決意。そして96年、ツォーマス・ホロパイネンらとともに、ナイトウィッシュを結成。翌97年にSpinefarm Recordsから『エンジェルズ・フォール・ファースト』をリリースする。実のところレーベルは大きな期待をしていなかったようだが、これがいきなりフィンランドのTOP40にランクインという快挙を達成。ヘヴィなギター、シンフォニックなアレンジメント、そしてターヤの美しくパワフルなソプラノ・ヴォイスという、斬新だが親しみやすいスタイルは、フィンランド国内はもちろんのこと、ヨーロッパ全土で大きな反響を呼んでいく。『オーシャンボーン』(98年)、『ウィッシュマスター』(00年)、『センチュリー・チャイルド』(02年)、『ワンス』(04年)とアルバムを重ねるごとに、その人気は上昇。『ウィッシュマスター』以降、彼女たちはフィンランドの音楽チャート1位の常連となるほどの人気を博すに至り、また『ワンス』では、ついにアメリカ市場でもブレイクを果たした。ところが05年、ナイトウィッシュのメンバーは、大きな決断を下す。公開書簡にて、ターヤに解雇を通知したのだ。

ナイトウィッシュ在籍時からソロ作品をリリースしていたターヤであるから、その後、単独でのキャリアを追求していくことに何らためらいがあったはずもない。クラシックのコンサート活動も行う傍ら、ソロとしては初アルバムとなる『Henkäys ikuisuudesta』(06年、クリスマス・アルバム)をリリース。続く07年の『My Winter Storm』では、ナイトウィッシュで培ったシンフォニック・メタル・スタイルを再び披露。自らの手で作曲も行った本作は、フィンランドの音楽チャート1位を獲得し、ターヤ人気の根強さを見せつけた。10年にリリースしたサード・アルバム『What Lies Beneath』に伴うツアーでは、フル・オーケストラを伴ったスペシャルなショウも行っている。その後も『Colours in the Dark』(13年)、『The Shadow Self』(16年)といったメタル寄りのアルバムに加え、クラシック作品やクリスマス・アルバムなど幅広い作品をリリース。一方で、テレビの歌手オーディション番組のコーチを務めるなど、その人気はお茶の間にも根付いていった。冒頭「ターヤはスターである」と書いたが、これは決して大げさな表現ではない。ナイトウィッシュ在籍時から、地元フィンランドの大統領主催のパーティに招かれるほど、彼女の人気、実力は広く認められているのである。

そして今回リリースになるのが、『アクト II』というライヴ作品だ。12年にもライヴ盤『アクト I』が発表され、ヨーロッパで大ヒットとなったが、今回はいわばその第2弾である。DVD、BLU-RAY、CDという多種のフォーマットでリリースされる本作だが、基本的には2部構成になっている。第1部は、16年のアルバム、『The Shadow Self』リリース直前に、ロンドンのメトロポリス・スタジオで行われたライヴの模様だ。Queenやマイケル・ジャクソンも使用した、名門レコーディング・スタジオで行われたこのライヴに招待されたお客さんは、わずか20人。さらにこのライヴは、当時まだ発売前であった『The Shadow Self』の楽曲が初披露されるという、非常にスペシャルなものであった。「これはライヴ・ビデオではなく、ライヴ・アート・ビデオである」とターヤが言い切るとおり、本作は、彼女の細かい表情までもが読み取れる、非常に美しく繊細な映像であふれている。たった20人だが、とにかく熱い選ばれしファンを前に、いつもよりアットホームな雰囲気で行われたライヴ。その特別な雰囲気が、見事に伝わってくる。

第2部は、16年11月29日に行われたミラノでのライヴ模様が収録されている。こちらはターヤのソロ・アルバムからの楽曲の数々に加え、「エヴァー・ドリーム」、「ザ・リドラー」、「スレイング・ザ・ドリーマー」といった、ナイトウィッシュ時代の名曲が披露されているのもうれしい。アコースティック・コーナーにおけるターヤの歌唱力、表現力は鳥肌モノだ。

DVDとBLU-RAYには、この両ライヴに加えインタビュー映像、フォト・ギャラリーを収録。

メタルのシンガーがスターというのは、ここ日本では想像しにくいかもしれないが、やはりキーワードはサラ・ブライトマンということになるのではないか。クラシックの技術を用いてポップスを歌う。ターヤは、そのポップスの定義を少々拡大して、メタルまで含んでしまったのだ。(あるいはメタルが音楽チャート常連であるフィンランドにおいては、メタルもポップスの一部と捉えられているのかもしれない。)そんなターヤの魅力、そしてシンガーとしての実力を余すことなく伝える作品。それが『アクト II』である。本作は、シンフォニック・メタル・ファンはもちろん、ポップスやクラシックのファンにも、ぜひ見てもらいたい作品だ。



【メンバー】
ターヤ(ヴォーカル)
ケヴィン・チョーン(ベース)
アレックス・スコルフ(ギター)
マックス・リリャ(チェロ)
クリスチャン・クレッチマー(キーボード)
ラルフ・ガスク(ドラムス)
ティム・シュライナー(ドラムス/パーカッション)


【2枚組DVD収録内容】

[DVD1]
〔2016年6月6日 イギリス/ロンドン メトロポリス・スタジオ〕

01. ノー・ビター・エンド
02. イーグル・アイ
03. シング・フォー・ミー
04. ラヴ・トゥ・ヘイト
05. ザ・リヴィング・エンド
06. メデューサ
07. コーリング・フロム・ザ・ワイルド
08. ヴィクティム・オブ・リチュアル
09. ダイ・アライヴ
10. イノセンス
11. アンティル・マイ・ラスト・ブレス
12. トゥー・メニー
《ボーナス映像》
◎ フォトギャラリー1:スルー・ザ・アイズ・オブ・ザ・ファンズ
◎ フォトギャラリー2:フロム・ステージ & ストリート

[DVD2]
〔2016年11月29日 イタリア/ミラノ テアトロ・デラ・ルナ・アッサゴ〕

01. アゲインスト・ジ・オッズ
02. ノー・ビター・エンド
03. 500レターズ
04. イーグル・アイ
05. ディーモンズ・イン・ユー
06. ルシッド・ドリーマー
07. シェイムレス
08. ザ・リヴィング・エンド
09. コーリング・フロム・ザ・ワイルド
10. スプレマシー
11. ツタンカーメン 〜 エヴァー・ドリーム 〜 ザ・リドラー 〜 スレイング・ザ・ドリーマー
12. ゴールドフィンガー
13. デリヴァランス
14. アンティル・サイレンス ~ ザ・レイン ~ ミスティーク・ヴォヤージュ ~ ハウス・オブ・ワックス ~ アイ・ウォーク・アローン
15. ラヴ・トゥ・ヘイト
16. ヴィクティム・オブ・リチュアル
17. アンダーテイカー
18. トゥー・メニー
19. イノセンス
20. ダイ・アライヴ
21. アンティル・マイ・ラスト・ブレス
《ボーナス映像》
◎ インタビュー:ターヤ & バンド