マイルス・ケネディ/イヤー・オブ・ザ・タイガー【CD】
Myles Kennedy

2018年3月9日発売


アルター・ブリッジやスラッシュのソロ・バンドのシンガーとして知られるマイルス・ケネディが初のソロ・アルバム『イヤー・オブ・ザ・タイガー』をリリース!マイルスの父親が亡くなった1974年を中心とした幼少期を題材にコンセプト・アルバム!ブルースやアメリカのルーツ・ミュージック、ベースにしたメロディアスなロックやハード・ロック・ナンバー収録!マイルスの素晴らしい歌唱が心に響く快作がここに誕生!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

イヤー・オブ・ザ・タイガー【CD】

マイルス・ケネディ イヤー・オブ・ザ・タイガー

商品形態
CD
品番
GQCS-90542
JANコード
4562387205622
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

マサチューセッツ州ボストンで生まれたマイルス・ケネディは、スポーケン・フォールズ・コミュニティ・カレッジで音楽理論を学んだ後、COSMIC DUST、CITIZEN SWING、MAYFIELD FOURといったバンドでの活動を経て、マーク・トレモンティ(g)、ブライアン・マーシャル(b)、スコット・フィリップス(ds)の元クリードの楽器隊3人とアルター・ブリッジを結成。アルバム『ワン・デイ・リメインズ』(2004年)でデビューを果たす。

クリードの人気もあって、この作品が全米チャート最高5位にランク・インし、マイルスの知名度も一気に上がると、バンドは次々とヒット作をリリース。その一方で、マイルスは2008年にはジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジェイソン・ボーナムが新生レッド・ツェッペリンを始動させるために行なったセッションに参加したことも話題となる(結局、ロバート・プラント抜きの再結成はあり得ないと、計画はたち消えとなる)。さらにスラッシュのソロ・アルバム『スラッシュ』(2010年)に参加した後、ツアー・メンバーにも抜擢され、そのまま『アポカリプティック・ラヴ』(2012年)、『ワールド・オン・ファイアー』(2014年)でもリード・シンガーとして参加し、アルバムもヒットを記録。

こうしてアルター・ブリッジとスラッシュという2つのバンドでの活動を通じて世界的に著名なシンガーとなったマイルスは2009年からソロ・プロジェクトを計画。今回ようやく完成したのが1stソロ・アルバムの『イヤー・オブ・ザ・タイガー』である。この作品はコンセプト・アルバムの形態になっており、マイルスの幼少期、特に父親が亡くなった1974年を題材にしたという。音楽性はブルースやアメリカン・ルーツ・ミュージックをベースにしたロックやハード・ロックで、マイルス自らがヴォーカルのみならず、ギター、マンドリン、バンジョー、ラップ・スティール・ギターを担当。エモーショナルなヴォーカル、深みのある歌詞など、マイルスの魅力を満載した作品に仕上がっている。



【ミュージシャン】
マイルス・ケネディ(ヴォーカル/ギター)
ジア・ディン(ドラムス/パーカッション)
ティム・トゥルニエ(ベース)


【収録曲】
01. イヤー・オブ・ザ・タイガー
02. ザ・グレート・ビヨンド
03. ブラインド・フェイス
04. デヴィル・オン・ザ・ウォール
05. ゴースト・オブ・シャングリ・ラ
06. ターニング・ストーンズ
07. ホーンテッド・バイ・デザイン
08. マザー
09. ナッシング・バット・ア・ネーム
10. ラヴ・キャン・オンリー・ヒール
11. ソングバード
12. ワン・ファイン・デイ
《ボーナストラック》
13. ナッシング・バット・ア・ネーム(デモ・アコースティック ver)
14. ザ・グレート・ビヨンド(デモ・アコースティック ver)
15. ホーンテッド・バイ・デザイン(デモ・アコースティック ver)