クレイドル・オブ・フィルス/クリプトリアナ~腐蝕への誘惑【CD+直筆サイン入りフォトカード】
Cradle Of Filth

2017年9月22日 発売


エクストリーム・メタルで綴る英国ヴィクトリア女王(在位1837~1901)時代の血塗られた浪漫!クレイドル・オブ・フィルスによる“腐蝕への誘惑”の叫び声がいま、霧の魔都ロンドンを引き裂く!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

※直筆サインカードにはかすれやにじみ、インク汚れ、裏写りがある場合がございます。

クリプトリアナ~腐蝕への誘惑【CD+直筆サイン入りフォトカード】

クレイドル・オブ・フィルス クリプトリアナ~腐蝕への誘惑

通販限定 直筆サイン付
商品形態
CD+サインカード
品番
WRDZZ-611
価格
3,780円(税抜 3,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

1991年の結成以来、極限までのエクストリーム・メタル美学を貫いてきたクレイドル・オブ・フィルスは、ブラック・メタルやゴシック・メタル、シンフォニック・メタルなど、ジャンルの枠に囚われない孤高の音楽性を築き上げてきた。彼らの第12作となる本作はさらにダークに、さらにドラマチックに昇華された世界観を提示している。

19世紀末のイギリス。連続殺人鬼ジャック・ザ・リッパーが夜を徘徊し、H.G.ウェルズが小説『タイムマシン』『宇宙戦争』を発表。神秘主義や心霊現象・降霊術が一大センセーションを呼び、貧困と病魔がはびこる時代に想いを馳せるのがこのアルバムだ。

アルバム・タイトル“Cryptoriana”について、ヴォーカリストのダニ・フィルスは「ヴィクトリア時代の人々は超自然や死、猟奇趣味に傾倒していた」と語っている。“腐敗への誘惑”というサブタイトルは、「死の魅力と、自己破滅の過程」を題材にしたのだという。

2016年の夏に曲作りの作業をマレク・“アショク”・シュメルダ(ギター)とマーティン・“マルテュス”・スカロウプカ(ドラムス、キーボード、オーケストレーション)の故郷チェコで行った本作。レコーディングはダニの地元サフォークのグラインドストーン・スタジオで、バンドと気心の知れたスコット・アトキンスをプロデューサーに迎えて、怪奇と幻想の一作として完成された。

アルバムのレコーディング・メンバーは前作と同様のラインアップだ。それに加えて、『ニンフェタミン』(2004)でも彼らと共演、グラミー賞にノミネートされたメタル歌姫リヴ・クリスティンが「ヴェンジフル・スピリット」でゲスト参加している。オリジナル曲の数々に加えて、アナイアレイターの「アリソン・ヘル」をカヴァーするなど、色彩豊かな外部環境も取り入れながら、ユニークな音像を生み出している。

ジャケットアートを手がけるのはラトヴィア出身のアーティスト、アルトゥルス・ベルジンシュだ。前作『ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ』(2015)でもサタニックでエロチックな作風でアルバムをヴィジュアル的に表現した彼だが、新作のジャケットはイタリア・ルネサンス期の画家サンドロ・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」をモチーフにしている。さらにCDブックレットでも3世紀の聖セバスチャンの殉教(三島由紀夫も影響を受けた)、アントニオ・カノーヴァ「アモルの接吻で蘇るプシュケ」などを大胆にアレンジしている。

19世紀の闇を彩る悪徳のヘヴィネスが、現代に災厄を蘇らせるときがきた…。



【メンバー】
ダニ・フィルス(ヴォーカル)
リチャード・ショウ(ギター)
マレク “アショク” シュメルダ(ギター)
マーティン “マルテュス” スカロウプカ(ドラムス/キーボード/オーケストレーション)
ダニエル・ファース(ベース)
リンゼイ・スクールクラフト(女性ヴォイス)

【収録曲】
01. エクスクイジット・トーメントス・アウェイト
02. ハートブレイク・アンド・セアンス
03. エイキングリー・ビューティフル
04. ウェスター・ヴェスパタイン
05. ザ・セダクティヴネス・オブ・ディケイ
06. ヴェンジフル・スピリット
07. ユー・ウィル・ノウ・ザ・ライオン・バイ・ヒズ・クロウ
08. デス・アンド・ザ・メイデン
09. ザ・ナイト・アット・カタファルク・マナー
10. アリソン・ヘル