ラスト・イン・ライン/ヘヴィ・クラウン【初回限定盤CD+DVD】
2016年2月3日発売

ロニー・ジェイムズ・ディオの魂に捧げる鎮魂歌!ヴィヴィアン・キャンベル、ヴィニー・アピス、そしてジミー・ベインのディオ黄金期のメンバーが再集結した“ラスト・イン・ライン”が新世紀に向けて動き出す!プロデューサーに同じくディオで活躍したジェフ・ピルソンを迎えたデビュー作『ヘヴィ・クラウン』日本先行発売決定!
【日本先行発売/日本限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

ヘヴィ・クラウン【初回限定盤CD+DVD】

ラスト・イン・ライン ヘヴィ・クラウン

商品形態
初回限定盤CD+DVD
品番
GQCS-90095〜6
JANコード
4562387199969
価格
4,180円(税抜 3,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

2010年5月16日にこの世を去ったロニー・ジェイムズ・ディオ。彼はレインボーやブラック・サバスを経て自ら率いるディオを結成、『情念の炎〜ホーリー・ダイヴァー』(1983)、『ラスト・イン・ライン』(1984)、『セイクレッド・ハート』(1985)はハード・ロック/ヘヴィ・メタルの歴史的名盤として聴き継がれている。その3作でプレイしたのが、ヴィヴィアン・キャンベル(ギター/デフ・レパード、元ホワイトスネイク)、ヴィニー・アピス(ドラムス/元ブラック・サバス)そしてジミー・ベイン(ベース/元レインボー)の3人だった。彼らはディオ脱退後、別々の道を歩んできたが、ふたたび相まみえることになったのだ。

現在ではデフ・レパードの一員として活動、2015年11月には日本のステージにも立ったヴィヴィアンだが、ラスト・イン・ラインとして始動するきっかけとなったのは、「もっとギターを弾きまくりたい!」という欲求だった。2011年の初め、シン・リジィのツアーに参加した彼は、久しぶりにハードなギター・プレイの快感に浸る。ツアーを終えて、彼はかつての盟友だったヴィニーとジミーに連絡を取り、ディオ時代のナンバーを演奏するリハーサルを開始したのだった。

新バンドのシンガーとなったのは、アンドリュー・フリーマンだ。元リンチ・モブのヴォーカリストとして伸びやかなシャウトを聴かせてきた彼は、あえてロニーと異なる声質ということで起用された。

そうしてスタートをきったラスト・イン・ラインはツアーを開始。ラウド・パーク13で来日、ディオの名曲の数々を披露している。往年のクラシックスに新たな生命を吹き込んだ彼らだが、さらなる前進を図るべくスタジオ入り。やはりディオの元メンバーでありドッケンの一員であるジェフ・ピルソンをプロデューサーに迎えて制作したのが、本作『ヘヴィ・クラウン』だ。

リーダー・トラック「デヴィル・イン・ミー」を筆頭に、ヘヴィでダイナミック、そしてメロディアスなサウンドが襲いくる全12曲(+日本盤ボーナス・リミックス)は、ディオの精神を受け継ぎ、その魂に敬意を表したものだ。ただ本作は過去への郷愁のみで成り立っているのではない。ヴィヴィアンの速弾きギター、ヴィニーとジミーの鉄壁のリズム・セクション、そしてアンドリューのヴォーカルは、1980年代のディオにあった情念を現代に蘇らせたものだ。

アルバム発表後には、ワールド・ツアーも予定されている。名曲の数々と共に演奏される本作からのナンバーは、観衆を再び“スタンド・アップ・アンド・シャウト”させるだろう。



【メンバー】
アンドリュー・フリーマン(ヴォーカル)
ヴィヴィアン・キャンベル(ギター)
ジミー・ベイン(ベース)
ヴィニー・アピス(ドラムス)


【CD収録曲】
01. デヴィル・イン・ミー
02. マーター
03. スターメーカー
04. バーン・ディス・ハウス・ダウン
05. アイ・アム・レヴォリューション
06. ブレイム・イット・オン・ミー
07. イン・フレイムス(ボーナス・トラック)
08. オールレディ・デッド
09. カース・ザ・デイ
10. オレンジ・グロウ
11. ヘヴィ・クラウン
12. ザ・シックネス
13. ヘヴィ・クラウン(アコースティック・リミックス)*日本盤限定ボーナス・トラック



【DVD収録内容】
01. ザ・ラスト・イン・ライン・ストーリー
02. ザ・ソングス
03. 72987537
04. キャン・ウィ・テイク・ア・ブレイク・ナウ?
05. 「デヴィル・イン・ミー」ビデオクリップ
06. 「スターメーカー」ビデオクリップ