デフ・レパード/ビバ!ヒステリア【通常盤2CD】
2013年10月9日発売

ブリティッシュ・ハードロック・シーンを代表するトップバンド“デフ・レパード”最新ライヴ作品!全世界で2,000万枚という空前のセールスを記録した大ヒット作『ヒステリア』を完全再現したプレミアム・ライヴがついにリリース!【日本先行発売/日本盤限定ボーナストラック収録】

※セール対象商品につきましては、ポイント付与されません。またポイントをご利用いただけません。
※カートの仕様上、「お届け希望日」をご入力いただくことは可能ですが、9月14日頃から順次発送予定です。
※ご注文確定後の変更・追加・キャンセル・返品はお受けすることができません。ご了承の上お買い求めください。
※セール開催中は予告なく価格が変更されることがございます。
※セール品のため、商品のご用意ができない場合、別途ご連絡をさせていただきます。
※詳しくはこちらをご覧ください。

ビバ!ヒステリア【通常盤2CD】

デフ・レパード ビバ!ヒステリア

サマーセール
商品形態
通常盤2CD
品番
VQCD-10349/0
JANコード
4562387192069
通常価格
2,934
価格
1,466円(税抜 1,333 円)

※返品について必ずご確認ください

SOLD OUT
ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

DEF LEPPARD自らが“怪物アルバム”、『HYSTERIA』と真正面から向き合ったドキュメンタリーが『VIVA! HYSTERIA』に綴られている。

傑作アルバムの完全再現。

風化することのない新鮮なエネルギーが、この作品から立ち昇ってくる。
伊藤 政則
 ブリティッシュ・ハード・ロックがラスベガスを制圧した夜。1987年に発表、全世界で2,000万枚という空前のヒットを記録したアルバム『ヒステリア』を完全再現した最新プレミアム・ライヴ『ビバ!ヒステリア』が、CDとして永遠のものになる。

 2013年3月から4月にかけて、ラスベガスのハード・ロック・ホテル&カジノで全11公演が行われたレジデンシー・ライヴ。4,000人収容のコンサート会場『ザ・ジョイント』で行われた名盤再現ライヴは、ラスベガスを訪れたファンだけが見ることが出来たものだ。

 1983年、『炎のターゲット』で全世界ブレイクを果たしたデフ・レパードだったが、それに続くアルバム制作は難航。プロデューサーの交代劇やドラマー、リック・アレンの事故というアクシデントにも見舞われ、バンドの存続すら危ぶまれていた。そんなプレッシャーをはねのけて、3年の月日をかけて完成させたのが『ヒステリア』だった。このアルバムは彼らにとって最大の成功作となり、全12曲中7曲をシングル・カット。いずれもヒットするという離れ業を達成している。「ウィメン」「アニマル」「シュガー・オン・ミー」「ロケット」「ラヴ・バイツ」「アーマゲドン」「ヒステリア」はいずれも彼らの代表曲と呼ぶに相応しいクラシックスであり、今日でもその多くがステージ演奏されている。

 『ビバ!ヒステリア』と題された今回のライヴでは、それらヒット・ナンバーに加えて「ショットガン」「ラン・ライオット」「エクサイタブル」など、ライヴ演奏されることが珍しい曲もプレイ。さらに前作『炎のターゲット』からの「ロック・オブ・エイジズ」「フォトグラフ」も披露され、約1時間半のハード・ロック・スペクタクルが展開される。

 バンドの状態もベストといえるもので、ジョー・エリオットのヴォーカルはスタジオ盤よりもラフでパワフル。フィル・コリンは鋼のような肉体とギター・サウンドで魅了する。この公演の後にリンパ腫が発見されるヴィヴィアン・キャンベルだが、そのギター・プレイはまったくその予兆を感じさせないものだ。リック・サヴェージのベース、リック・アレンのドラムスは、バンドのタイトなボトム・エンドを支えている。

 1987〜88年の『ヒステリア』北米ツアーは会場アリーナの中央にステージを設置、360度周囲から観客が取り囲むという“イン・ザ・ラウンド”ステージが話題を呼んだ。今回は通常のロック・コンサート形式のステージ配置だが、背後に映写されるヴィジュアル・イメージ、メンバーと観客が同じ空間を分け合う長い花道など、さまざまな工夫が凝らされている。

 さらに本作には、各公演でバンド自らが“別人格バンド”デッド・フラットバード(バンド名をもじったパロディ)を名乗って行ったステージも収録。『ビバ!ヒステリア』ショーの“前座”として行われたライヴでは「グッド・モーニング・フリーダム」「ウェイステッド」などの初期ナンバーから、ライヴ作『ミラーボール』(2011)に追加収録された新曲「アンディフィーテッド」まで、新旧取り混ぜた、レアなサプライズを含む楽曲をプレイ。あくまで“別人格”であることを主張するためにメンバー達がグラム・ロック風コスチュームを着込み、芸名を名乗っているのが面白い。

 彼らは通常の演奏曲目に戻ってヨーロッパ、アメリカ・ツアーを敢行。さらにジョーとマット・ソーラム/ダフ・マッケイガン(元ガンズ&ローゼズ)、グレン・ヒューズ(元ディープ・パープル)とのスーパー・プロジェクト、キングス・オブ・ケイオスが始動、ヴィヴィアンも古巣ディオの仲間たちとラスト・イン・ラインを結成し『ラウドパーク 13』出演が決定するなど、2013年も話題の尽きないデフ・レパード。1987年から四半世紀を経て、『ビバ!ヒステリア』はノンストップで走り続けてきた彼らの記念碑的作品だ。


【ミュージシャン】
ジョー・エリオット (ヴォーカル)
フィル・コリン (ギター)
ヴィヴィアン・キャンベル (ギター)
リック・サヴェージ (ベース)
リック・アレン (ドラムス)



【2CD収録曲】

[DISC 1]
<ビバ!ヒステリア>
01.ウィメン
02.ロケット
03.アニマル
04.ラヴ・バイツ
05.シュガー・オン・ミー
06.アーマゲドン
07.ゴッズ・オブ・ウォー
08.ショット・ガン
09.ラン・ライオット
10.ヒステリア
11.エクサイタブル
12.ラヴ・アンド・アフェクション
13.ロック・オブ・エイジズ
14.フォトグラフ



[DISC 2]
<デッド・フラットバード ナイト 1>
01.グッド・モーニング・フリーダム
02.ウェイステッド
03.ステージフライト
04.ミラー・ミラー
05.アクション!
06.ロック・ブリゲード
07.アンディフィーテッド
08.プロミセス

<デッド・フラットバード ナイト 2>
09.オン・スルー・ザ・ナイト
10.スラング
11.レット・イット・ゴー
12.アナザー・ヒット&ラン
13.ハイ&ドライ
14.ブリンギン・オン・ザ・ハートブレイク
15.スイッチ625
16.アコースティック・メドレー*
    ホエア・ダズ・ラヴ・ゴー・ホエン・イット・ダイズ
    〜ナウ
    〜ラヴ・アンド・ヘイト
    〜ハヴ・ユー・エヴァー・ニーデッド・サムワン・ソー・バッド
    〜トゥー・ステップス・ビハインド
    *日本限定ボーナストラック