【予約受付中】ネクロフォビック/ドーン・オブ・ザ・ダムド【CD】
Band-Photo---Necrophobic---24164.jpg

2020年11月13日発売予定


スウェーデンが誇る暗黒デス・メタル・バンド、ネクロフォビックのニュー・アルバムが登場。徹底的にイーヴルでありながら適度にメロディックな、ネクロフォビック流デス・メタルが本作でも炸裂!

【日本語解説書封入 / 歌詞対訳付】

【予約受付中】ドーン・オブ・ザ・ダムド【CD】

ネクロフォビック ドーン・オブ・ザ・ダムド

予約受付中
商品形態
CD
品番
GQCS-90964
JANコード
4582546592400
価格
2,750円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

89年、ダヴィッド・パーランド(G)とヨアキム・ステーナー(Dr)を中心に結成されたスウェーデンのネクロフォビック。残念ながら13年に亡くなってしまったダヴィッドだが、彼こそ後にロード・アーリマンと共にダーク・フューネラルを結成するブラックムーンその人。数本のデモを発表したのち、93年にアメリカのカルト・レーベル、ワイルド・ラグズ・レコードから『The Call』EPを、そしてスウェーデンのブラック・マーク・プロダクションズからデビュー・アルバム、『The Nocturnal Silence』をリリース。バンド名はモロにスレイヤーだが、サンライト・スタジオでの録音、トーマス・スコグスベリのプロデュースということから分かる通り、そのサウンドは基本的にスウェディッシュ・デス・メタルを踏襲したものであった。ただ、ブラックムーンが結成したバンドということからもわかるとおり、ネクロフォビックのスタイルはイーヴルさを持ち合わせたものであり、それが彼らのセールスポイントでもあった。96年に4曲入りEP『Spawned by Evil』をリリース。これにはヴェノム、スレイヤー、バソリーのカバーが収録されており、このことからもネクロフォビックのルーツがイーヴルなスラッシュ・メタルにある、つまり、いわゆるスウェディッシュ・デス・メタルとはその出自が違うのだ。

その後数々のラインナップ・チェンジを経つつも8枚のアルバムをリリース。そしてこの度リリースとなる9枚目のアルバムが、『ドーン・オブ・ザ・ダムド』だ。18年の前作『マーク・オブ・ザ・ネクログラム』は、初期のヴォーカリスト、アンデシュ・ストロキルクと中期のギタリストでメイン・ソングライターであったセバスティアン・ラムステッドがそれぞれ出戻りとなり、それまで在籍期間がかぶっていなかった両者の初顔合わせという意味でも興味深い作品であった。本作、『ドーン・オブ・ザ・ダムド』でも、ベーシストこそ交代になっているものの、アンデシュ+セバスティアンのタッグは変わっていない。内容については言うまでもないだろう。ブラック・メタル風味をまぶしたネクロフォビック流スウェディッシュ・デスメタルが、本作でも炸裂。徹底的にイーヴルでありながら、適度にメロディックという絶妙なさじ加減は、私たち日本人の琴線に触れること間違いなし。デス・メタル、メロディック・デス・メタル、ブラック・メタル、そしてスラッシュ・メタル。あらゆるエクストリーム・メタル・ファンにアピールするハイ・クオリティなアルバムだ。



【メンバー】
アンデシュ・ストロキルク(ヴォーカル)
セバスティアン・ラムステッド(ギター)
ヨハン・バーゲバック(ギター)
アラン・ルンドホルム(ベース)
ヨアキム・ステーナー(ドラムス)


【CD収録曲】
01. アフェリオン
02. ダークネス・ビー・マイ・ガイド
03. ミラー・ブラック
04. タルタリアン・ウィンズ
05. ジ・インフェルナル・デプス・オブ・エターニティ
06. ドーン・オブ・ザ・ダムド
07. ザ・シャドウズ
08. アズ・ザ・ファイア・バーンズ
09. ザ・リターン・オブ・ア・ロング・ロスト・ソウル
10. デヴィルズ・スポーン・アタック

[ボーナストラック]
11. アウェイクニング... (ライヴ・イン・ストックホルム2020)
12. ダークサイド(ライヴ・イン・ストックホルム2020)
13. ツァー・ボンバ(ライヴ・イン・ストックホルム2020)
14. レヴェレイション666(ライヴ・イン・ストックホルム2020)