【予約受付中】ブルー・オイスター・カルト/ザ・シンボル・リメインズ【CD】
photo by Richie Castellano and Steve Schenck

2020年10月7日 日本先行発売予定


メタリカもカバーした元祖ヘヴィメタル・バンド、ブルー・オイスター・カルトが19年ぶりにニュー・アルバムをリリース。ノリノリのハードロックから哀愁バラード、そしてヘヴィ・ナンバーとバラエティたっぷりの本作は19年のプランクを一切感じさせない会心の仕上がり。

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

【予約受付中】ザ・シンボル・リメインズ【CD】

ブルー・オイスター・カルト ザ・シンボル・リメインズ

予約受付中
商品形態
CD
品番
GQCS-90947
JANコード
4582546592196
価格
2,750円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

あのブルー・オイスター・カルトが19年ぶりのニュー・アルバムをリリースする。ニューヨーク出身の彼らは72年、バンド名を冠したアルバムでデビュー。70年代を通じ、『Secret Treaties』(74年)、『On your feet or on your knees』(ライヴ盤、75年)などの名盤を続々とリリース。希代の名曲「(Don't Fear) The Reaper」を収録した76年の4thアルバム『Agents of Fortune』は、ゴールド・ディスクを獲得するなど大きな人気を博した。

詩人でもあったプロデューサー、サンディ・パールマンがブレインであった70年代のブルー・オイスター・カルトは、強烈にオカルティックな雰囲気を漂わせていた。アメリカ版ブラック・サバスというイメージ戦略もとられていたが、ブルー・オイスター・カルトのサウンドは、サバスのようなヘヴィさを強調したものではなく、湿ったハードロックであったり、冷たい狂気をはらんだものであった。「(Don't Fear) The Reaper」に代表されるような覚めた恐怖感は、現在ゴーストが受け継いでいると言えるだろう。

01年の『Curse Of The Hidden Mirror』以来19年ぶりとなる新作のタイトルは、『ザ・シンボル・リメインズ』、すなわち「そのシンボルは今も残っている」という意味。ブルー・オイスター・カルトのファンならば、シンボルの意味するところはすぐにわかるだろう。初期2枚のアルバム・ジャケットを手がけたビル・ゴーリックがデザインした変形十字は、ファースト・アルバム以来のブルー・オイスター・カルトのシンボルだ。デビューからまもなく50年を迎えようというバンドの健在ぶりをアピールするタイトルにふさわしく、本作に19年のブランクを感じさせる要素はない。ノリノリのハードロックからお得意の哀愁バラード、元祖ヘヴィメタル・バンドの面目躍如たる重量級ナンバーまで、実にブルー・オイスター・カルトらしいバラエティに富んだ作品に仕上がっている。もちろん不気味な雰囲気も健在。2020年にブルー・オイスター・カルトの新譜が聴けるなんて、嬉しい驚きだ。



【メンバー】
エリック・ブルーム(ヴォーカル/ギター/キーボード)
ドナルド "バック・ダーマ" ローザー(ギター)
リッチー・カステラーノ(ギター/キーボード)
ダニー・ミランダ(ベース)
ジュールズ・ラディーノ(ドラムス)


【CD収録曲】
01. ザット・ワズ・ミー
02. ボックス・イン・マイ・ヘッド
03. テインテッド・ブラッド
04. ナイトメア・エピファニー
05. エッジ・オブ・ザ・ワールド
06. ザ・マシーン
07. トレイン・トゥルー (レニーズ・ソング)
08. ザ・リターン・オブ・セイント・セシリア
09. スタンド・アンド・ファイト
10. フロリダ・マン
11. ジ・アルケミスト
12. シークレット・ロード
13. ゼアズ・ア・クライム
14. ファイト
《日本盤限定ボーナストラック》
15. ザット・ワズ・ミー (アコースティック・リミックス)