【予約受付中】ミー・アンド・ザット・マン/ニュー・マン・ニュー・ソングス・セイム・シットVol.1【CD】
photo by biowski

2020年3月27日 世界同時発売予定


ベヒーモスのヴォーカリスト、ネルガルことアダム・ダルスキによるアウトロー・カントリー/ブルース・プロジェクト、ミー・アンド・ザット・マンのセカンド・アルバムが登場。ベヒーモスには収まりきらないアダムの表現力を用いて描かれるダークな世界は、ニック・ケイヴやジョニー・キャッシュらのファンはもちろん、エクストリーム・メタル・ファンも必聴!
スリップノットのコリィテイラーやエンペラーのイーシャンを始め、トリヴィアムのマシュー・キイチ・ヒ―フィー、マストドンのブレント・ハインズ、エントゥームド/ザ・ヘラコプターズのニッケ・アンダーソン等、ゲスト陣も豪華絢爛!

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

【予約受付中】ニュー・マン・ニュー・ソングス・セイム・シットVol.1【CD】

ミー・アンド・ザット・マン ニュー・マン・ニュー・ソングス・セイム・シットVol.1

予約受付中
商品形態
CD
品番
GQCS-90865
JANコード
4582546591342
価格
2,750円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

 ミー・アンド・ザット・マンは、ポーランドのブラック・メタル・バンド、ベヒーモスのヴォーカリストであるネルガルことアダム・ダルスキのプロジェクト。もともとはジョン・ポーターというポーランド在住のイギリス人ミュージシャンとのコラボレーションとしてスタートした。ベヒーモスとは違う、アウトロー・カントリーやブルース風味の音楽を聴かせるこのミー・アンド・ザット・マンは、17年に『Songs of Love and Death』でアルバム・デビュー。リード・シングルとなった「My Church is Black」は、Spotifyで250万回を超える再生回数を記録するなど、特にヨーロッパで大きな話題になった。アウトロー・カントリーなどというと身構えてしまうメタル・ファンも少なくないかもしれないが、そのスタイルは―アダムの声質的にも―ニック・ケイヴやジョニー・キャッシュ、レナード・コーエン、トム・ウェイツといったアーティストに近いものだ。そもそもアウトロー・カントリーというジャンルや、ここに挙げたアーティストとヘヴィメタルの親和性は高い。エクストリーム・メタルのミュージシャンの中にも、これらのアーティストを敬愛するものは少なくなく、アダムもそんな中の一人なのだ。

 18年、残念ながらアダムとジョンは袂を分かつ。様々な面で、意見の衝突があったようだ。だが、アダムは前進を選択。そしてこの度、彼のソロ・プロジェクトとなったミー・アンド・ザット・マンはセカンド・アルバム『ニュー・マン・ニュー・ソングス・セイム・シットVol.1』をリリースする。確かに本作はメタルではない。だが、心配はいらない。先にも述べたとおり、アダムがこのプロジェクトで作り出す世界観は、エクストリーム・メタル、特にブラック・メタルのそれに非常に近いもの。そのアダムの表現力の幅広さには驚かされる。そのアダムの表現力の幅広さには驚かされる。ベヒーモスでは表現しきれないアーティストとしての欲求が、ミー・アンド・ザット・マンにあふれ出ているのがよくわかる。
 本作には多数のゲストも参加。スリップノットのコリィ・テイラー、エンペラーのイーシャン、トリヴィアムのマシュー・キイチ・ヒ―フィー、マストドンのブレント・ハインズ、エントゥームド/ザ・ヘラコプターズのニッケ・アンダーソンなどなど、様々なジャンルからビッグネームがズラリ。アルバムにさらなる華を添える。

 ヘヴィメタル・ファンにとって、『ニュー・マン・ニュー・ソングス・セイム・シットVol.1』は、新しい音楽の世界へと通じる扉を開けてくれる作品。特にエクストリーム・メタルが持つ闇に魅かれるのであれば、本作を避けて通ることはできない。



【メンバー】
アダム “ネルガル” ダルスキ(ヴォーカル/ギター)
サシャ・ブーレ(ギター/マウス・ハープ/バンジョー)
マッテオ・バッソリ(ベース)
ルーカス・クマンスキ(ドラムス)


【CD収録予定曲】
01. ラン・ウィズ・ザ・デヴィル
02. カミング・ホーム
03. バーニング・チャーチズ
04. バイ・ザ・リヴァー [feat. イーシャン(エンペラー)]
05. メンストゥフォ
06. サレンダー [feat. ロブ・カッジアーノ(ヴォルビート/元アンスラックス)]
07. ディープ・ダウン・サウス [feat. ニッケ・アンダーソン(エントゥームド/ザ・ヘラコプターズ)]
08. マン・オブ・ザ・クロス
09. ユー・ウィル・ビー・マイン [feat. マシュー・キイチ・ヒーフィー(トリヴィアム)]
10. ハウ・カム?[feat. コリィ・テイラー(スリップノット)/ブレント・ハインズ(マストドン)/ロブ・カッジアーノ(ヴォルビート/元アンスラックス)]
11. コンフェッション