レイジ/パーフェクト・マン【CD】

2020年1月17日発売


レイジのバック・カタログ12タイトルがリイシュー決定! 前身バンドのアヴェンジャーの唯一のアルバム『プレイヤーズ・オブ・スティール』(1985年)を含む初期のアルバム9タイトルと、ヴィクター・スモルスキを迎えたトリオ時代の3タイトルが2019年最新リマスターされ、作品によってボーナス・ディスク、ボーナス・トラックを加えて再登場!

『パーフェクト・マン』
ピーヴィーを除くメンバーが脱退し、新たにマンニ・シュミット(ギター)とクリス・エフティミアディス(ドラムス)を迎えてトリオとなったレイジの4作目(オリジナル・リリース:1988年)。「ドント・フィア・ザ・ウィンター」をはじめ、キレのある演奏とメロディックなヴォーカル・ラインが魅力。

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

※クーポンご利用いただきましたご注文につきましては、ポイント付与されません。またポイントをご利用いただけません。
※カートの仕様上、「お届け希望日」をご入力いただくことは可能ですが、日付指定に関係なくご用意できたご注文より順次発送をさせていただきます。
※発送まで2〜3週間ほどお時間をいただく場合がございます。
※ご注文確定後の変更・追加・キャンセル・返品はお受けすることができません。ご了承の上お買い求めください。
※クーポン価格/仕様は予告なく価格が変更されることがございます。
※商品のご用意ができない場合、別途ご連絡をさせていただきます。
※詳しくはこちらをご覧ください。

パーフェクト・マン【CD】

レイジ パーフェクト・マン

クーポン対象
商品形態
CD
品番
GQCS-90826
JANコード
4582546590871
価格
1,980円(税抜 1,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

ジャーマン・メタル界の重鎮、レイジのバック・カタログ12タイトルの再発売が決まった。まず、最初の9タイトルは前身バンドのアヴェンジャーの唯一のアルバム『プレイヤーズ・オブ・スティール』(1985年)と、レイジと改名してリリースした『レイン・オブ・フィア』(1986年)から『テン・イヤーズ・イン・レイジ』(1994年)までの初期の9作品。

アヴェンジャーがドイツのヘルネにて結成されたのは1984年のこと。ピーター“ピーヴィー”ワグナー(ベース/ヴォーカル)、ヨルグ・マイケル(ドラムス)らの4人のメンバーでリリースしたデビュ・アルバム『プレイヤーズ・オブ・スティール』(1985年)では、NWOBHMからの影響を感じさせるパワー・メタルを展開していたが、レイジに改名して発表した第1弾アルバム『レイン・オブ・フィア』(1986年)ではスラッシュ・メタル・スタイルの楽曲を導入。さらに3作目の『エクセキューション・ギャランティード』(1987年)ではガット・ギターを使った曲やプログレッシヴ・ロック的な展開を入れるなど、独自のアレンジを施したスタイルを構築する。

間もなくして、ピーヴィーを除くメンバーが脱退し、新たにマンニ・シュミット(ギター)とクリス・エフティミアディス(ドラムス)を迎えトリオとなったバンドは4作目の『パーフェクト・マン』(1988年)をリリース。「ドント・フィア・ザ・ウィンター」を収録したこの作品ではキレのある演奏と攻撃性に加え、メロディックな側面を強く打ち出すと、スピード・チューンの「インヴィジブル・ホライズンズ」などを収録した5作目の『シークレッツ・イン・ア・ウィアード・ワールド』(1989年)、スピーディーでキャッチーな「サドル・ザ・ウィンド」などを収録した6作目の『リフレクションズ・オブ・ア・シャドウ』(1990年)をリリースし、バンドはじわじわと知名度を上げることになる。さらに全体的にパワー・アップを図りながら、洗練された作風になった7作目の『トラップド!』(1992年)ではアラビア風の旋律を取り入れた「シェイム・オン・ユー」やスピード・ナンバーの「ソリタリー・マン」、キャッチーな「イナフ・イズ・イナフ」、8作目の『ザ・ミッシング・リンク』(1993年)では「ネヴァーモア」「レフュージ」という名曲を生み出し、日本でも人気バンドとなる。

しかし、センス溢れるギター・プレイが評価されていたマンニが1994年に脱退ししたため、新たにスヴェン・フィッシャー(g)とクリスの弟のスピロス・エフティミアディス(g)を迎えたバンドは4人体制となり、結成10周年を記念して、これまでピーヴィーが書き溜めて未発表になった曲や既発曲をメドレー形式でプレイしたナンバーなどを収めた9作目の『テン・イヤーズ・イン・レイジ』(1994年)をリリース。以上が、今回リイシューされる初期の9タイトルである。

その後、同じメンバーで5枚のアルバムをリリースした後、バンドに変化を求めたピーヴィーは、元マインド・オデッセイのヴィクター・スモールスキ(ギター)と、トニー・マカパインやイングヴェイ・マルムスティーン等との活動で知られるマイク・テラーナ(ドラムス)を迎えたトリオで始動。この編成となってリリースした第2弾アルバム(通算16作目)の『ユニティ』(2002年)では、音楽の英才教育を受けて育ったヴィクターの高度な作曲能力や技巧派ギター・プレイを盛り込んだメロディック・メタルを披露し、「インサニティ」などアップ・テンポの曲を軸に、クワイアを導入した「ディエス・イレ」など、高尚な楽曲も収録。続く17作目の『サウンドチェイサー』(2003年)でも、タイトル曲の「サウンドチェイサー」をはじめ、起伏のあるメロディアスで活きのいい楽曲を並べ、アルバムは高い評価を得ることに成功する。  さらにアルバム・リリース後に行なったヨーロッパ・ツアーの中から2004年1月のドイツ公演を収めたライヴ作品『フロム・ザ・クレイドル・トゥ・ザ・ステージ』(2004年)もリリースされ、パワフルでテクニカルなパフォーマンスも話題となったものだった。この3枚が残りの3タイトルで、以上、全12タイトルが今回、リイシューされる作品だ。

全タイトルが2019年最新リマスター音源を使用、作品によってはボーナス・ディスク、ボーナス・トラックも収録。いずれもレイジの歴史において欠かせない作品ばかりで、彼らの魅力を再確認できるラインナップとなっている。



【メンバー】
ピーター“ピーヴィー”ワグナー(ヴォーカル/ベース)
マンニ・シュミット(ギター)
クリス・エフティミアディス(ドラムス)


【CD収録曲】
01. ウエイストランド
02. イン・ザ・ダーケスト・アワー
03. アニマル・インスティンクト
04. パーフェクト・マン
05. シニスター・シンキング
06. スーパーソニック・ハイドロマティック
07. ドント・フィア・ザ・ウィンター
08. デス・イン・ジ・アフタヌーン
09. ア・ピルグリムズ・パス
10. タイム・アンド・プレイス
11. ラウンド・トリップ
12. ビトウィーン・ザ・ラインズ
13. シンボルズ・オブ・アワ・フィア
14. ニューロティック