【予約受付中】ターヤ/イン・ザ・ロウ【CD】
Tarja photo by Tim Tronckoe

2019年8月30日 世界同時発売予定


北国の女王、ここに降臨す。雪の結晶の脆さと鉄(くろがね)の強靱さを兼ね備えた歌声で、ターヤがすべてを露わにする。
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

【予約受付中】イン・ザ・ロウ【CD】

ターヤ イン・ザ・ロウ

NEW
商品形態
CD
品番
GQCS-90745
JANコード
4562387209941
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

かつてメタル・バンド、ナイトウィッシュの一員であり、現在ではジャンルを超えてフィンランドを代表する女性ヴォーカリストとして活躍するターヤ。7作目のソロ・アルバムとなる『イン・ザ・ロウ』はそのタイトル通り、彼女の歌手人生において最も“生々しい=RAW”な作品だ。

ヘヴィでメランコリック、繊細で重厚。ターヤの多彩な精神性と想いを歌い上げた本作は、その内面を露わにし、脆く、それでいて猛々しい作品に仕上がっている。
「クリエイティヴであることは苦痛を伴う。アルバムの歌詞を書き上げたとき、自分が空っぽになって、浄められたように感じた」とターヤ自らが語る本作は、さまざまなスタイルの楽曲に乗せて、そのエモーションを歌い上げる。

その美麗でオペラチックな歌唱は、さらに磨きがかかっている。ダークでヘヴィでありながら耽美的なメロディに満ちた(1)「デッド・プロミシーズ」は「私のライヴで、みんなでジャンプしまくる曲を書きたかった」とターヤ自身が語るものだ。
デペッシュ・モードからマリリン・マンソンの系譜に則った(2)「グッバイ・ストレンジャー」、彼女のポップな情感を表現した(4)「レイルローズ」、ピアノとストリングスを従えて歌い上げる(5)「ユー・アンド・アイ」、クラシカルな調べとインストゥルメンタル・パートが強化された (6)「ザ・ゴールデン・チェンバー」など、シンガー“ターヤ”としてのペルソナに留まることなく、“ターヤ・トゥルネン”の人間像が掘り下げられた作品だ。
本作はかつてナイトウィッシュが『ワンス』(2004)で成し遂げた音楽的達成を、彼女のソロにおいて具現化させたアルバムだといえるだろう。

彼女に共鳴した実力派アーティスト勢がゲスト参加。(1)「デッド・プロミシーズ」では ビョーン“スピード”ストリッド(ソイルワーク)、(2)「グッバイ・ストレンジャー」ではクリスティーナ・スカビア(ラクーナ・コイル)、(8)「サイレント・マスカレイド」ではトミー・カレヴィック(キャメロット)がヴォーカルを披露している。
メタルからクラシック、ポップ、ゴシックに至るまで、ターヤ・ワールドを余すところなく描き切った本作のミックスは、彼女の音楽性を熟知するティム・パーマーが手がけている。

本作をターヤは“黄金”に例える。「黄金は洗練されて完璧な物質。でも同時に、自然に存在する生々しい物質でもある」
聴く者を黄金の道へと導くアルバム。それが『イン・ザ・ロウ』だ。



【メンバー】
ターヤ (ヴォーカル)

【ゲスト・ヴォーカル】
ビョーン“スピード”ストリッド (ソイルワーク)
クリスティーナ・スカビア (ラクーナ・コイル)
トミー・カレヴィック (キャメロット)


【CD収録予定曲】
01. デッド・プロミシーズ (feat. ビョーン“スピード”ストリッド)
02. グッバイ・ストレンジャー (feat. クリスティーナ・スカビア)
03. ティアーズ・イン・レイン
04. レイルローズ
05. ユー・アンド・アイ
06. ザ・ゴールデン・チェンバー (アウェイクン / ロプトン・ウオ / アルケミー)
07. スピリッツ・オブ・ザ・シー
08. サイレント・マスカレイド (feat. トミー・カレヴィック)
09. セリーン
10. シャドウ・プレイ