ルーサー/ゴースト・タウン【通常盤CD】
Lucer photo by Jakob Muxoll

2019年2月8日発売


デンマークの若きハードロック・バンド、ルーサー。マイク・トランプ(元ホワイト・ライオン)のバックも務めた実力派バンドによるセカンド・アルバムは、ポップかつハード、そして日本人好みの北欧哀愁味たっぷりの極上作品。
【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

ゴースト・タウン【通常盤CD】

ルーサー ゴースト・タウン

商品形態
通常盤CD
品番
GQCS-90683
JANコード
4562387208562
価格
2,484円(税抜 2,300 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

デンマークはコペンハーゲンの若きハードロック・バンド、ルーサー。16年、『Bring Me Good News』でデビューした彼らは、デンマーク国内では、その楽曲がビールのコマーシャルに起用されるなど、大きな話題となった。また彼らは、あのホワイト・ライオンのシンガーであったマイク・トランプのバック・バンドに抜擢されるなど、その実力も折り紙つき。

そんな彼らが、早くもセカンド・アルバム『ゴースト・タウン』をリリースする。北欧らしい哀愁味たっぷりの、とにかくわかりやすいハードロックが信条の彼らは、「良い曲を書くことが何よりも大切」と言い切る。『ゴースト・タウン』はその言葉通り、ポップでハードな極上ナンバーがギッシリ詰まった作品だ。デビュー・アルバム・リリース以降、250回以上のステージをこなしたという彼らが、デビュー作から大きな飛躍を遂げているのはある意味当然。もともとはラッセ(ベース、ヴォーカル)、アンダース(ギター)のボグマーク兄弟とジョナサン(ドラムス)のトリオ編成であったが、本作ではセカンド・ギタリストとしてクリストファーが加わっているというのも大きい。ニルヴァーナ、オアシス、ラモーンズ、セックス・ピストルズ。ストレートでハードなロックをルーツとしつつ、モータウンやディスコにいたるまで、実に幅広い音楽からの影響が隠し味として加えられている本作。アメリカ、イギリス、そして北欧。それぞれのロックの良いところをすべてぶち込んでできあがったのが、ルーサーの音楽と言えるだろう。

ミックスを担当したのは、デンマークが誇るテュー・マドセン。メシュガーやホーンテッドを手掛けたことで知られるテューをして、「このアルバムを担当できて良かったよ。すべての曲がヒットになる可能性を持っている」と言わしめた本作。ここに収録された10曲すべてが、メジャーのフィールドで戦えるクオリティ、そして親しみやすさを備えている。結局、一番大切なのは曲の良さである。そんな当たり前のことを改めて教えてくれる『ゴースト・タウン』。ぜひ多くのロック・ファンに聴いてもらいたい作品だ。



【メンバー】
ラッセ(ベース、ヴォーカル)
アンダース(ギター)
ジョナサン(ドラムス)
クリストファー(ギター)


【CD収録曲】
01. インデストラクティブル
02. ゴースト・タウン
03. クレイジー
04. ミラー・オブ・ア・マン
05. ザ・ナイト・ザ・ミュージック・ダイド
06. パーティー・ライク・ア・ロックスター
07. ヤング・プリティ・ステューピッド
08. ザ・グッド・ライフ
09. キラー
10. カリフォルニア
11. ミッドナイト・サン(Yeah Yeah)*日本盤限定ボーナストラック