【通販限定】ウィザーフォール/『A Prelude To Sorrow』+『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』【9セット 2枚フォトカード+シール+缶バッジ付き】

2018年11月2日発売


『A Prelude To Sorrow』&『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』をセットでご購入で
ワードレコーズ限定特典プレゼント!!


『A Prelude To Sorrow』
悲劇を乗り越え、新たな船出を切るウィザーフォールのセカンド・アルバム!

『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』
ジェイク・ドレイヤー(元Kobra and the Lotus)、ジョセフ・マイケル(元White Wizzard)、アダム・サガン(White Empress)によって結成されたプログレッシブ・メタル・バンド、ウィザーフォールのデビューアルバム『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』発売決定!2016年に癌でこの世を去ったアダムの最後のドラムプレイ!

【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】
※『A Prelude To Sorrow』と特典は輸入商品のため、パッケージに輸入時についた傷、汚れがある場合があります。
※発売日より順次発送いたします。
※特典は先着順、無くなり次第終了となります。

【通販限定】『A Prelude To Sorrow』+『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』【9セット 2枚フォトカード+シール+缶バッジ付き】

ウィザーフォール 『A Prelude To Sorrow』+『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』

通販限定
商品形態
通常盤CD+輸入盤CD
品番
WRDZZ-815
価格
4,104円(税抜 3,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

【セット内容】
・『A Prelude To Sorrow』デジパック仕様/輸入盤CD
・『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』日本通常盤CD
・ダウンロードコード付きフォトカード
・名刺サイズフォトカード
・シール
・缶バッジ



『A Prelude To Sorrow』


2018年3月に『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』で日本デビューを果たしたばかりのウィザーフォールが早くも最新作『A Prelude To Sorrow』をリリース。

ウィザーフォールは、ジェイク・ドレイヤー(Guitar)、ロニー・ジェイムズ・ディオの従兄弟としても知られるジョセフ・マイケル(Vocal, Key)、アダム・サガン(Drums)を中心に2013年に結成された名手揃いのプログレッシヴ・メタル・バンドだ。結成後、アラン・ホールズワースと活動していたこともあるベーシスト、アンソニー・クロフォードが加入。2016年12月7日にアダムが悪性リンパ腫で他界するという悲劇に見舞われる。しかし、バンドは前進することを選び、新ドラマーにスティーブ・ボロネズ、セカンド・ギタリストとしてフィリ・ビビアノが加わり5人体制となっている。デビュー作『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』の本国リリースから約1年1カ月という短いスパンでのリリースとなるが、ジェイクとジョセフは、アダムの闘病時期から今作の制作に取り掛かっていた。

ジョセフ曰く「人生は儚い、俺たち命があとどれくらい残されているのか、陳腐な表現だけどあといくつの夏を過ごせるのかなんてわからないんだ」。辛く重たい決断を下し完成を迎えた今作には、デビュー作にはなかった10分超えの大作が2曲収められている。盟友アダムの死を乗り越えて生み出された『A Prelude To Sorrow』は静と動の世界を巧み描いた楽曲が力強くも悲しく続いていく。しかし、前進していこうとする強い決意も感じられる作品だ。

バンドは今作リリース後の11月下旬、KAMELOTの「THE SHADOW THEORY JAPAN TOUR 2018」のサポート・アクトとして来日が決定、東京と大阪で公演を行う。



【メンバー】
ジェイク・ドレイヤー(ギター)
ジョセフ・マイケル(ヴォーカル)
アンソニー・クロフォード(ベース)
フィリ・ビビアノ(ギター)
スティーヴ・ボロネーズ(ドラムス)



【収録曲】
01. A Prelude to Sorrow
02. We Are Nothing
03. Moment of Silence
04. Communion of the Wicked
05. Maridian's Visitation
06. Shadows
07. Ode to Despair
08. The Call
09. Vintage
10. Epilogue





『ノクターンズ・アンド・レクイエムス』


ジェイクは2012年に来日公演も行った正統派ヘヴィ・メタル・バンドWHITE WIZZARDやKISSのジーン・シモンズが立ち上げた新規レーベル、『Simmons Records』から第一弾アーティストとして契約されたことも話題になったカナダ出身の女性ヴォーカル正統派ヘヴィ・メタル・バンドKOBRA AND THE LOTUSの元メンバーであり、他にも元ANTHRAXのヴォーカリストであるニール・タービン率いるDEATHRIDERSやメタル・マニアから支持の厚いJAG PANZERといったバンドでもプレイしていた。現在はベテラン正統派ヘヴィ・メタル・バンドICED EARTHのメンバーでもあり、目下のところ最新アルバムである「INCORRUPTIBLE」でプレイしている。

ジョセフはいくつかの正統派ヘヴィ・メタル系バンドでフロントマンを務めている。彼も元WHITE WIZZARDのメンバーであり2013年にリリースされた3rdアルバム「THE DEVIL’S CUT」ではジェイクと共にプレイしている。また、彼は今は亡き偉大なるヴォーカリスト、ロニー・ジェイムズ・ディオの従兄弟としても知られている。

アダムはCIRCLE II CIRCLE、INTO ETERNITY、WHITE EMPRESS、ECHOTERRA等プログレッシブ・メタルからデス・メタルまで幅広く多くのバンドでその名手ぶりを発揮し、ジェイクが2011年にリリースしたソロ・シングル「IN THE SHADOWS OF MADNESS」でもプレイしている。因みにこのソロ・シングルに収録されている“Harmony of the Spheres”はアメリカで人気のリズム・ビデオ・ゲーム・シリーズである「ROCK BAND」にも収録されている。

ジェイクを軸に共演したことで意気投合した彼らはWITHERFALLを結成、後にアラン・ホールズワースやヴァージル・デナティとも活動していたことでも知られる名手ベーシストであるアンソニー・クロフォードが参加することとなる。バンドは1stアルバムをリリースする為に2014年末からセルフ・プロデュースで制作を開始。エンジニアにはMEGADETHやMSGを手がけたことでも知られるラルフ・パトランが迎えられた。ミックスとマスタリングはROB ZOMBIE、QUEENSRŸCHE、HATEBREEDを手がけたクリス・“ゼウス”・ハリスが担当した。2017年8月に『CENTURY MEDIA RECORDS』とワールド・ワイド契約を結び、「NOCTURNE AND REQUIEMS」と名付けられたこの1stアルバムが遂にリリースされることとなった。アルバム・ジャケットはBATHORY、DISSECTION、EDGE OF SANITYなど多くの作品を手がけているクリスティアン・ヴォーリンが担当している。

残念ながらアダムは2016年の12月7日に悪性リンパ腫で他界してしまい、このアルバムが彼の遺作となってしまった。名手揃いのメンバーが在籍するWITHERFALLのプログレッシブでダークなメロディに満ちたこのアルバムがシーンに新風を吹き込むのは間違いない。それを見届けることなく永遠の眠りについたアダムのことは残念でならないが、彼がこのアルバムに刻んだ最後のプレイは永遠に輝き続けるだろう。バンドは現在ドラムスにスティーブ・ボロネズ、二人目のギタリストとしてフィリ・ビビアノが加入、その歩みを止めることなく活動を続けている。 Rest In Peace、Adam Sagan(1980-2016)



【メンバー】
ジョセフ・マイケル(ヴォーカル)
アダム・サガン(ドラムス)
ジェイク・ドレイヤー(ギター)
アンソニー・クロフォード(ベース)



【収録曲】
01. ポートレイト
02. ホワット・ウィ・アー・ダイイング・フォー
03. アクト II
04. サクリファイス
05. ザ・グレイト・アウェイクニング
06. エンド・オブ・タイム
07. フィナーレ
08. ノーバディー・スリープス・ヒア…
《日本盤限定ボーナストラック》
09. ザ・ロング・ウォーク・ホーム(ディセンバー)