カンニバル・コープス/レッド・ビフォー・ブラック【通常盤CD】
Cannibal Corpse

2018年4月18日発売


アメリカのデス・メタル・バンド、カンニバル・コープスの14thスタジオ・アルバム『レッド・ビフォー・ブラック』!30年間迷うことなくデス・メタルの番人であり続けた彼らの誇りが詰まった作品!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

レッド・ビフォー・ブラック【通常盤CD】

カンニバル・コープス レッド・ビフォー・ブラック

商品形態
通常盤CD
品番
GQCS-90566
JANコード
4562387205790
価格
2,750円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

カンニバル・コープスはアメリカのデス・メタル・バンド。というよりも、彼らはデス・メタルというジャンルそのもののような存在である。フロリダのシーンの一員という印象が強いが、もともとはニューヨークのバッファロー出身。88年、アレックス・ウェブスター(Ba)、クリス・バーンズ(Vo)らによって結成された。翌89年にバンド名を冠したデモを発表後、即名門Metal Blade Recordsとサインというスピード出世を果たす。そして90年にデビュー作『Eaten Back to Life』がリリースされるやいなや、カンニバル・コープスはデス・メタル界に突如現れた新星として、世界中のファンから崇めまつられた。それもそのはず、とにかくこのアルバムのインパクトは絶大であった。アートワークや歌詞は、ドイツをはじめとするいくつかの国で本作が発禁処分となったのも当然の、異常なまでのグロテスクぶり。一切感情を見せないクリス・バーンズのヴォーカルも、過去には誰も聴いたことのないものだった。すでにDeathやMorbid Angel、Obituaryを知っていたデス・メタル・ファンも、このまったく新しい世界観には驚愕せざるをえなかったのである。

彼らの登場により、デス・メタルはさらに一段上のブルータリティを獲得したのだ。『Butchered at Birth』(91年)、『Tomb of the Mutilated』(92年)、『The Bleeding』(94年)とリリースしたところで、バンドはデス・メタルの聖地、フロリダへと移住。95年にはクリス・バーンズを解雇し、Monstrosityのジョージ・コープスグラインダー・フィッシャーを加入させる。その後も彼らは順調に活動を継続。14年の『A Skeletal Domain』まで、トータルで13枚のスタジオ・アルバムを発表している。そのいずれも「デス・メタル」としか形容しようのない、一切のブレのないスタイル。1枚の例外すらない。カンニバル・コープスは、30年にわたりデス・メタルというジャンルにプライドを持ち、シーンを牽引し続けているのだ。

そして今回、スタジオ・アルバムとしては14枚目となる『レッド・ビフォー・ブラック』が、ここ日本でも発売となる。内容については言うまでもない、デス・メタル、いつものカンニバル・コープスである。「スローでドゥーミーな要素の導入」という新構想もあったようだが、やはりどう聴いてもいつものカニバル・コープスだ。ヘヴィでタイトでブルータル。音楽から歌詞、アートワークに至るまで、一切の不純物のない血まみれのデス・メタル。カンニバル・コープスが、ファンの期待を裏切ることなどあるはずがない。彼らは骨の髄までデス・メタル・バンドなのだ。

『レッド・ビフォー・ブラック』には、30年間迷うことなくデス・メタルの番人であり続けた彼らの誇りが詰まっている。彼らこそ、デス・メタル界のモーターヘッド、ラモーンズ。デス・メタルが聴きたければ、カンニバル・コープスを聴けば良いのである。



【メンバー】
ジョージ・コープスグラインダー・フィッシャー(ヴォーカル)
パット・オブライエン(ギター)
ロブ・バーレット(ギター)
アレックス・ウェブスター(ベース)
ポール・マズルケビッチ(ドラムス)


【CD収録曲】
01. オンリー・ワン・ウィル・ダイ
02. レッド・ビフォー・ブラック
03. コード・オブ・ザ・スラッシャーズ
04. シェディング・マイ・ヒューマン・スキン
05. リメイムド
06. ファイアーストーム・ヴェンジェンス
07. ヘッズ・シャヴェルド・オフ
08. コーパス・デリクティ
09. スカヴェンジャー・コンスーミング・デス
10. イン・ザ・ミドスト・オブ・ルーイン
11. デストロイド・ウィズアウト・ア・トレース
12. ヒディアス・イコル