サンストーム/エッジ・オブ・トゥモロー【CD】
2016年4月27日発売

ジョー・リン・ターナー率いるメロディック・ロック・プロジェクト“サンストーム”が約4年ぶりに4作目のアルバム『エッジ・オブ・トゥモロー』をリリース!過去3作とは参加メンバーを一新し、アレッサンドロ・デル・ヴェッキオを核に迎えた本作は叙情派のメロディアス・ハード・ナンバー満載。美しい旋律を歌い上げるジョーのエモーショナルな歌唱がメロディアス・ハード・ロックファンを魅了する!【日本盤限定ボーナストラック収録/日本先行発売/歌詞対訳付き/日本語解説書封入】

エッジ・オブ・トゥモロー【CD】

サンストーム エッジ・オブ・トゥモロー

商品形態
CD
品番
GQCS-90128
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明

DETAIL

『エッジ・オブ・トゥモロー』アルバム試聴・ダウンロード





【商品説明】

レインボーやイングヴェイ・マルムスティーン バンドでの活動を経て、この四半世紀はソロを中心に様々なプロジェクトで活動をしているジョー・リン・ターナー。そもそもこのサンストームは、1985年にジョーがリリースした初のソロ・アルバム『レスキュー・ユー』に続く2作目のアルバム用に作った幻のデモ音源が20年後にフロンティアーズ・レコードのセラフィーノ・ペルジーノの手に渡ったことに端を発する。その音源を気に入ったセラフィーノは、さらに楽曲を加えて、いちからレコーディングし、アルバムとしてリリースすることを決意。そこで、サヴァイヴァーやプライド・オブ・ライオンズなどで知られるジム・ピートリックに楽曲提供を依頼し、ピンク・クリーム69のデニス・ワードとウヴェ・リーテナウアーらがレコーディングしたのがデビュー作『サンストーム』(2006年)であった。

この『サンストーム』が好評を博したことから、同じメンバーにより2ndアルバムの『ハウス・オブ・ドリームス』(2009年)を発表すると、ソングライター陣やメンバーを一部替えて3rdアルバムの『エモーショナル・ファイア』(2012年)をリリース。そして4年の時を経て、今回、待望の4作目のアルバム『エッジ・オブ・トゥモロー』が完成したのである。

今作ではレコーディングに参加したメンバーが一新されており、アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(key)、ニック・マッズクーニ(b)、シモーネ・ムラローニ(g)、フランチェスコ・ジョヴィーノ(ds)がレコーディングでプレイ。アレッサンドロはエッジ・オブ・フォーエヴァーの中心メンバーとして活動した後、フロンティアーズ・レコードからリリースされたL.R.S.、ライオンズヴィル、ハードライン、ジョーも参加しているレイテッドX等の作品でソングライター、キーボード・プレイヤーとして貢献している人物で、ニックは同じくエッジ・オブ・フォーエヴァー、L.R.S.など、フロンティアーズ・レコードの作品で活躍しているベーシストだ。シモーネはDGMやエンパイオリオス等でテクニカルなプレイを披露しているギタリストで、フランチェスコはプライマル・フィアのメンバーとして知られる。

以上のメンバーを従えて製作されたこの『エッジ・オブ・トゥモロー』は、これまでの作品同様に快活なナンバーからバラード系の曲まで叙情派のヴォーカル・メロディを武器にしたメロディアス・ハード・ロックを基本にしつつ、アップ・テンポの曲やヘヴィな曲まで、これまで以上にロック色を強く打ち出したような内容になっている。ジョーの魂のこもった歌唱も文句なく素晴らしく、シモーネの技巧派のギター・ソロなど、聴き所満載のアルバムに仕上がったと言える。


【メンバー】

ジョー・リン・ターナー(リード・ヴォーカル)
アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(ハモンドオルガン/キーボード/バッキング・ヴォーカル)
シモーネ・ムラローニ(ギター)
ニック・マッズクーニ(ベース)
フランチェスコ・ジョヴィーノ(ドラムス)




【収録予定曲】


01.ドント・ウォーク・アウェイ・フロム・ア・グッバイ
02.エッジ・オブ・トゥモロー
03.ナッシング・レフト・トゥ・セイ
04.ハート・オブ・ザ・ストーム
05.ザ・サウンド・オブ・グッバイ
06.ザ・ダークネス・オブ・ディス・ドーン
07.ユー・ホールド・ミー・ダウン
08.エンジェル・アイズ
09.エヴリシング・ユーヴ・ガット
10.タングルド・イン・ブルー
11.バーニング・ファイア
《日本盤限定ボーナストラック》
12.エンジェル・アイズ(アコースティック・ヴァージョン)