イーヴル・インヴェイダーズ/フィード・ミー・ヴァイオレンス【日本盤限定仕様CD+EP『イン・フォー・ザ・キル』】
Evil Invaders

2018年2月28日発売


80年代スラッシュのバカさ完全再現!ベルギーのスラッシュ/スピード・メタル・バンド、イーヴル・インヴェイダーズの2ndアルバム『フィード・ミー・ヴァイオレンス』リリース!2016年にリリースされたEP『イン・フォー・ザ・キル』を付属した日本盤限定仕様!
【日本盤限定ボーナストラック/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

フィード・ミー・ヴァイオレンス【日本盤限定仕様CD+EP『イン・フォー・ザ・キル』】

イーヴル・インヴェイダーズ フィード・ミー・ヴァイオレンス

商品形態
日本盤限定仕様CD+EP『イン・フォー・ザ・キル』
品番
GQCS-90527〜8
JANコード
4562387205363
価格
2,808円(税抜 2,600 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

イーヴル・インヴェイダーズはベルギーの若手スラッシュ/スピード・メタル・バンド。とは言ってもすでに結成10年目、メタリカが『Master of Puppets』をリリースしたのが結成から5年後ということを考えると、彼らを「若手」と称するのは正しくないかもしれないが。それはともかく、彼らは07年、ヴォーカル、ギター担当のジョーを中心に結成された。09年に『D-emokill』というデモをカセット・テープ(!)で発表。だがその後メンバー・チェンジが相次ぎ、ジョー以外のメンバーは総入れ替えに。バンド名を冠したEPでデビューを果たしたときには、13年になっていた。

だがここから快進撃が始まる。現在ニュークリア・ブラストと双璧と言えるエクストリーム・メタル系大手レーベル、オーストリアのナパーム・レコーズとの契約を手にすると、15年にデビュー・アルバム『Pulses of Pleasure』をリリース。イーヴル・インヴェイダーズの名前は世界中のスラッシュ・メタル・ファンへと浸透していく。続く16年にはEP『イン・フォー・ザ・キル』を、さらに17年には早くもセカンド・アルバム『フィード・ミー・ヴァイオレンス』を発表。その人気は確固たるものになっていった。

イーヴル・インヴェイダーズの魅力を一言でいえば、「80年代スラッシュのバカさ完全再現」ということになるだろう。バンド名は―スラッシュ・ファンならすぐにピンとくるだろうが―カナダのスラッシュ・メタル・バンド、Razorが85年にリリースしたアルバムのタイトルからとられている。「邪悪なインヴェイダー」というバンド名自体もどうなのかと思うが、21世紀に元ネタがRazorというのもどうかしている。バンドの中心メンバー、ジョーは91年生まれ。つまりバンドが結成された07年当時、まだ10代半ばである。50のオッサンならともかく、10代半ばの若者が、しかも21世紀に、どうしたらRazorのアルバム名をバンド名にしようと思うのか。普通ならBonded by Bloodみたいに、Exodusあたりからとってくるだろう。さらに、音を聴いてみればわかるが、Razorからの影響は皆無!むしろ影響を感じさせるのは、Exodusあたりの方なのだから、まったくもって訳がわからない。ちなみにジョーのスピード・メタル初体験は、8歳のころ、Black SabbathのLPを間違えて78回転でプレイしてしまったことらしい。(本当かよ!78回転ってSPレコード用だし。)

で、今回日本盤がリリースとなるセカンド・アルバム『フィード・ミー・ヴァイオレンス』だが、ジョーによれば、デビュー作に比べ「曲のバラエティが豊富」になり、「意外なヒネリがたくさん」ある作品とのこと。このアルバムのスタイルを言葉にするとしたら、「エクストリーム・テクニカル・スラッシュ・メタル」であり、Metallicaの『Master of Puppets』に近い部分があるのではないかと言う。デビュー作はとにかくスピード一辺倒、バカ一色。ところがその後『Master of Puppets』に触発されて、インテリジェンスを求め始める。これもまさに80年代スラッシュがたどった道そのものだ!楽曲だけじゃない。生き様までもが80年代そのままなのが、イーヴル・インヴェイダーズなのである。一体どこまでが狙いで、どこからが天然なのか想像もつかないが。

日本盤は、『イン・フォー・ザ・キル』EPをカップリング。さらにカナダのスピード・メタル・レジェンド、Exciterの名曲「ヴァイオレンス・アンド・フォース」のカヴァーも収録。トータル約1時間にも及ぶ80年代リフの嵐、そしてジョーの高い歌唱力を楽しむことができる。こんな若手がいれば、スラッシュ・メタルもまだまだ大丈夫と安心させてくれる、全スピード・メタル、スラッシュ・メタル・ファン必聴のハイ・クオリティ作品。ちなみにジョーの好きなヴォーカリストはSavatageのジョン・オリヴィアにCrimson Gloryのミッドナイトだそう。本当に91年生まれなのか?

川嶋未来(Sigh)による解説、歌詞対訳付。



【メンバー】
ジョー(ヴォーカル/ギター)
マックス・メイヘム(ギター)
ユーリ・ファン・デ・スコット(ベース)
センヌ・ヤコブス(ドラムス)


【CD収録曲】
01. メンタル・ペネテンシュアリー
02. アズ・ライフ・スローリー・フェイズ
03. サスペンデッド・リアニメーション
04. ブロークン・ドリームズ・イン・アイソレーション
05. フィード・ミー・ヴァイオレンス
06. オブリヴィオン
07. シェイズ・オブ・ソリチュード
08. アンガー・ウイズイン
09. アマング・ザ・デプス・オブ・サニティー
《日本盤限定ボーナストラック》
10. ヴァイオレンス・アンド・フォース(エキサイター カヴァー)

【EP『イン・フォー・ザ・キル』】
01. アズ・ライフ・スローリー・フェイズ
02. レイジング・ヘル
03. パルシズ・オブ・プレジャー(ライヴ・バージョン)
04. ヴィクテム・オブ・サクリファイス(ライヴ・バージョン)

  • 【インタビュー】イーヴル・インヴェイダーズ「もはや単純なスラッシュ・メタルではないよ」 新世代スラッシュ・メタルを抬頭するベルギーのイーヴル・インヴェイダーズの、2017年にリリースされたセカンド『フィード・ミー・ヴァイオレンス』がついにここ日本でもリリースとなる。怒り、そしてオリジナリティに満ちあふれた『フィード・ミー・ヴァイオレンス』は、21世紀だからこそ生まれ得たスラッシュ・メタルと言える快作だ... BARKSニュース|2018年02月26日
  • 【インタビュー】EVIL INVADERS 昨年リリースされた、ベルギーの若手スラッシュ・メタル・バンド、イーヴル・インヴェイダーズのセカンド『フィード・ミー・ヴァイオレンス』が、ついにここ日本でもリリースになる。ということで、リーダーのジョー(Vo/G)に色々と話を聞いてみた... HMV&BOOKS online|2018年02月23日