【予約受付中】エルヴェンキング/シークレッツ・オブ・ザ・マジック・グリモア【CD+日本盤限定ボーナスCD】
Elvenking

2017年12月29日 発売予定!


イタリアのフォーク/パワーメタル・バンド、エルヴェンキングの9thアルバム『シークレッツ・オブ・ザ・マジック・グリモア』リリース決定!ヘヴィ・メタルと民族音楽だけでなく、ポップやクラシックなど様々な音楽を飲み込んだキャッチー&メロディアスな個性派パワーメタルがふたたび独特の輝きを放つ!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

【予約受付中】シークレッツ・オブ・ザ・マジック・グリモア【CD+日本盤限定ボーナスCD】

エルヴェンキング シークレッツ・オブ・ザ・マジック・グリモア

予約受付中
商品形態
CD+日本盤限定ボーナスCD
品番
GQCS-90487〜8
JANコード
4562387205028
価格
3,024円(税抜 2,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

フォーク/パワーメタル・バンド、Elvenkingはイタリアのサチーレという小さな街で、ヘヴィ・メタルと民間伝承に対する情熱を共有していた2人のギタリスト、AydanとJarpenによって1997年10月に結成された。1998年3月、リードシンガーとしてDamnaがバンドに参加し、デビューから現在へと繋がるラインナップが、ほぼ固まった。地道にライヴを重ねた後、2000年にデモ『To Oak Woods Bestowed』を発表。すると、これが一部のファンの間で話題となり、ドイツのレーベル、AFM Recordsと契約を結ぶことになる。そして世界中の評論家から賞賛を受けたファースト・アルバムが2001年7月23日にリリース。メタル、フォーク、ポップ、プログレッシヴ、クラシックなど、様々なジャンルの音楽からインスピレーションを得て形成されている彼らの音楽には、この時点で独特の味わい深さがあった。ファースト・アルバムのリリース後、たちまちメタル・ファンの間で話題となる。この時点で、その後に通じる彼らのスタイルはすでに確立されていた。

以後、進化しながら8枚のフルレングス・アルバムをリリース。フォーキーなメロディとパワフルなメタルサウンドの融合を基本線に、大きく成長していった。 彼らはその後、ブラインド・ガーディアン、ガンマ・レイ、エドガイといった人気のパワーメタル・バンドとツアー、フェスティバルなどで共演しながら地力を付けていった。

2002年8月、Damnaが健康上の理由からバンドを脱退。Elvenkingの2004年にリリースされたセカンド・アルバム『Wyrd』に彼は参加していないが、2004年後半にDamnaが復帰した。以降も2005年にはバンド創設メンバーのJarpenが脱退するなど、度々メンバーチェンジはあったが、その音楽性はブレることなく現在まで続いている。2014年の『The Pagan Manifesto』では“原点回帰”を果たし、その後にライヴCD+DVD『The Night of Nights』(日本未発売)をリリース。これはベスト盤的な意味合いの強い作品であり、区切りを付けた後となる今回の『Secrets Of The Magick Grimoire』からElvenkingの新章が始まることになる。

Elvenkingの強烈なオリジナリティのひとつとして、自分たちは世界中の民族音楽やダンス・ミュージックの影響を強く受けているバンドだと宣言している点がある。もちろん彼らのスタイルに大きな影響を与えたバンドとして、英国のフォーク・メタルのパイオニア的存在のSkycladが挙げている。しかし、他にもキッス、エアロスミス、クイーンなどのクラシック・ロックから、ディム・ボルギルやカニバル・コープスといったエクストリーム・メタル・バンド、マドンナやマイケル・ジャクソン、レディ・ガガといったポップ・アーティストの名前までを挙げているのである。自分の耳にクールに響くものは、パンクであろうとダンス・ミュージックであろうと、幅広く取り入れ、それを包み隠すことなく公言しているところが非常にユニークである。

とはいえ、本作『Secrets Of The Magick Grimoire』で展開されている音楽は、これまで通りのElvenking流フォーク/パワーメタルである。キャッチーでスピード感のあるメロディック・パワーメタルを軸に、叙情性をふんだんに盛り込んだ独自のフォーク・メタルは本作でも健在。メタリックな部分と柔らかなフォークのパートがバランスよく混在し、精巧なアレンジのセンスが随所に光る充実の仕上がりをみせている。これは間違いなく、過去最高に壮大で劇的で緻密な楽曲が詰まっている作品だ。

今回はゲスト・ヴォーカリストとして、「At the Court of the Wild Hunt」にMercyful FateやKing Diamond、Dream Evil、Memento Moriなどのバンドに参加したことで知られるSnowy Shaw、WitcheryとNekrokraftのシンガー、Angus Norderが数曲に参加している。ミキシングは、DGM、Empyrios、Lalu,、Martyr Luciferといったバンドのギタリストでもある、Simone Mularoniが担当している。



【メンバー】
ダムナ(ヴォーカル)
アイダン(ギター)
ラファエル(ギター)
レジエン(ヴァイオリン)
ジェイコブ(ベース)
ランクス(ドラムス)


【収録予定曲】

[CD]

01. インヴォーキング・ザ・ウッドランド・スピリット
02. ドラウンゲンズ・メイストロム
03. ザ・ワン・ウィ・シャル・フォロー
04. ザ・ホーンド・ゴースト・アンド・ザ・ソーサラー
05. ア・グレイン・オブ・トゥルース
06. ザ・ウルヴズ・ウィル・ビー・ハウリング・ユア・ネーム
07. 3 ウェイズ・トゥ・マジック
08. ストレート・インサイド・ユア・ウィンター
09. ザ・ヴォイニッチ・マニュスクリプト
10. サメン・ザ・ドーン・ライト
11. アット・ザ・コート・オブ・ザ・ワイルド・ハント
12. ア・クローク・オブ・ダスク
<ボーナストラック>
13. ペタルストーム
14. ザ・オープン・ブリーチ
15. ジグソー・パズル(2010年 ver)
16. スカイワーズ(2008年 ver)

[日本盤限定ボーナスCD]
01. ザ・ワンダラー(プリプロダクション)
02. ザ・ウィンター・ウェイク(プリプロダクション)
03. スワロウテール(プリプロダクション)
04. エルヴェンリージョンズ(ライヴ・アット・ラグナロック2017)
05. トローズ・カインド(ライヴ・アット・ラグナロック2017)