ウィ・ケイム・アズ・ロマンズ/コールド・ライク・ウォー【CD】
We Came As Romans

2017年11月15日発売


米ミシガン出身のウィ・ケイム・アズ・ロマンズが格段にスケールアップして戻ってきた!よりエモーショナルに、より壮大に、時に激しく歌い上げられるポジティヴなメッセージ!ハーモニーと混沌の絶妙なバランス、エレクトロ・テイストを取り入れた現代メタルコアの未来形がここに凝縮!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

コールド・ライク・ウォー【CD】

ウィ・ケイム・アズ・ロマンズ コールド・ライク・ウォー

商品形態
CD
品番
GQCS-90470
JANコード
4562387204731
価格
2,484円(税抜 2,300 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

昨年、ミス・メイ・アイ、Attila等と共にSharpTone Recordsへ移籍したデトロイトはミシガン出身のメタルコア・バンド、ウイ・ケイム・アズ・ロマンス。彼らの5枚目にして移籍第一弾となる完全スタジオ・フルレングス・アルバム『コールド・ライク・ウォー』が完成した。ドラマー脱退によるメンバー・チェンジがあったものの、変わらずキャッチーで美しく壮大な純度の高い、極上のメタルコア・サウンドの詰まった作品となっている。

彼らは2005年に前身バンドとなるThis Emergencyを結成。メンバーチェンジをしながら翌年に現在のバンド名へと変更する。2008年にEP『Dreams』、4曲入りミニアルバム『Demonstrations』を自主リリース。以来、できる限り多くの時間をツアーに費やすことによりバンドは地力をつけていく。2009年4月に大手インディーズ・レーベル、EQUAL VISIONと契約を結び、同年11月にデビューアルバム『To Plant a Seed』を発表。すると、いきなり全米アルバム・チャートトップ200で初登場175位を記録した。続く『Understanding What We've Grown To Be』(2011年)はチャート21位と躍進。評判の連鎖は止まることなく、サード・アルバム『Tracing Back Roots』(2013年)は、8位まで上昇(USインディ・チャート1位)、4th『We Came as Romans』(2015年)は11位(USインディ・チャート2位)と結果を出し続け、もはや全米でその名を知らぬロック・ファンはいない存在となった。

ウイ・ケイム・アズ・ロマンズの成功、その最大の要因はツアーに次ぐツアーによってその名が全米で知れ渡ったことに加え、生み出す楽曲レベルの高さ、ハイセンスなバランス感覚にもある。スケールの大きなメタルコアとも言える彼らの音楽は、ハードコア的スケール感を呑み込んだメタリックでアグレッシヴなサウンドに、エレクトロ・テイストを盛り込むことによって独自の叙情性が生まれているのが特徴。そしてメロディアスなヴォーカルによってフックが加味されることによって適度なポップをも感じさせる。

2016年にドラマーのEric Choiが“人生のネクストチャプターに移る”ことを理由に脱退。それまでアルバム4枚すべてに参加してきたメンバーの脱退を乗り越え、同年に発表した新曲「Wasted Age」は原点回帰したかのようなヘヴィな楽曲で、ニューアルバムへの期待を高まらせた。

そして発表されるのが本作『コールド・ライク・ウォー』である。彼らのアルバムには毎回、全体のコンセプトとして具体的なメッセージが込められている。それは“愛”や“思いやり”など、常にポジティヴなメッセージである。今作では様々な形ですべての“逆境”をあらわしているという。悲しみ、怒り、憎しみ、感情を抑えるための挑戦を力強く、重く、激しく歌い上げ、暴力の愚かさなどを訴えかけている。すべてがスリリングで、エネルギッシュで、キャッチー。現代メタルコア最高のバンドが世界に向けて放つ最高傑作だ。2017年、新しい時代が見えた。



【メンバー】
デイヴィッド・スティーヴンス(ヴォーカル)
カイル・パヴォーン(キーボード/ヴォーカル)
ジョシュア・ムーア(ギター)
ブライアン・“ルー”・コットン(ギター)
アンドリュー・グラス(ベース)
デイヴィッド・パケット(ドラムス)


【収録曲】
01. ヴァルチャー・ウィズ・クリップド・ウィングス
02. コールド・ライク・ウォー
03. トゥー・ハンズ
04. ロスト・イン・ザ・モーメント
05. フォーリン・ファイア
06. ウェイステッド・エイジ
07. エンコーダー
08. イフ・ゼアズ・ナッシング・トゥ・シー
09. プロミス・ミー
10. ラーニング・トゥ・サヴァイヴ