【予約受付中/通販限定】ネイ・オブリヴィスカリス/アーン【50セット 直筆サインカード付CD+Tシャツ】
Ne Obliviscaris photo by Xeonyr

2017年10月25日 日本先行発売予定!


オーストラリア出身、プログレッシヴ・エクストリーム・メタル・バンド、ネイ・オブリヴィスカリスの3rdアルバム『アーン』発売決定!美しいクリーン・ヴォーカル、華麗なギター、荘厳なヴァイオリンがプログレッシヴなネイ・オブリヴィスカリスの世界観をより引き立たせる!
【歌詞対訳付き/日本語解説書封入】

※直筆サインカードにはかすれやにじみ、インク汚れ、裏写りがある場合がございます。
※Tシャツと直筆サインカードは輸入商品のため後送となる可能性がございます。

【予約受付中/通販限定】アーン【50セット 直筆サインカード付CD+Tシャツ】

ネイ・オブリヴィスカリス アーン

通販限定 予約受付中 直筆サイン付
商品形態
50セット 直筆サインカード付CD+Tシャツ
品番
WRDZZ-641
価格
5,940円(税抜 5,500 円)
サイズ
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

ネイ・オブリヴィスカリスは、オーストラリア・メルボルン出身のプログレッシヴ・エクストリーム・メタル・バンド。03年の4月、ヴォーカルのXenoyrを中心に結成。同年9月には現在ヴァイオリンとクリーン・ヴォーカルを担当するティム・チャールズが加入。初期の頃は、ソプラノの女性ヴォーカリストも在籍しており、当時から既存のエクストリーム・メタルの枠には収まらないスタイルを標榜していた。ちなみにネイ・オブリヴィスカリスとは、ラテン語で「忘れることなかれ」という意味である。

バンドとして初めて公に作品を発表したのが、07年のデモ『The Aurora Veil』である。あらゆるエクストリーム・メタルを飲み込み、極端なまでにプログレッシヴに仕上げた3曲入り、計33分にも及ぶこのデモは、「デモ」などと軽々しく形容するのがはばかられるクオリティを誇る。たった1本のデモで、ネイ・オブリヴィスカリスの名はエクストリーム・メタル・マニアの間に広まった。(このデモに収録された3曲が、すべてデビュー・アルバムに再録されているというのも、この時点でバンドのコンセプトが固まっていた証拠である。)Hail Spirit NoirにNegură Bunget、FenにThe Axis of Perditionと、一癖も二癖もあるエクストリーム・メタル作品を世に送り出し続けているイタリアのCode666 Recordsからデビュー・アルバム『Portal of I』をリリースしたのが、12年のこと。デモ発表後にリード・ギタリストが脱退をしたため、アルバム・デビューまで思いのほか時間がかかってしまったようだ。結成からアルバム・デビューまで9年というのは確かに長いが、ネイ・オブリヴィスカリスの場合、その9年間でミュージシャンシップやコンセプトを完璧に磨きあげ、満を持してデビューを果たしたと言える。7曲中5曲が10分超。この頃は現在よりもルーツであるブラック・メタルやデス・メタルからの影響が前面に出ているが、そこにヴァイオリン、そしてクリーン・ヴォーカルによる哀愁に満ちたメロディがガッツリと絡むスタイルは、まったく新しい世界観と言えるものであった。そんな訳で、オーペスやデヴィン・タウンゼンドなども経験し、プログレッシヴな作品に耐性を持ち始めていたエクストリーム・メタル・ファンも、ネイ・オブリヴィスカリスには再び驚愕せざるをえなかったのである。

その衝撃はここ日本にも伝わり、13年には初来日公演が実現。デビュー・アルバムが大反響を呼んだ結果、バンドはフランスの名門、Season of Mistとの契約を果たす。14年にはセカンド・アルバム『Citadel』をリリース。本作に伴うワールド・ツアーのために行われたクラウドファンディングでは、何と86,000オーストラリア・ドル(現在のレートで約750万円!)もの資金集めに成功。15年には早くも2度目の来日公演が行われた。

そして今回リリースになるのが、3年ぶりの3作目『アーン』である。”Urn”、すなわち「骨壺」という随分と不吉な意味を持ったタイトルの本作でも、もちろんネイ・オブリヴィスカリスの世界観は健在だ。美しいクリーン・ヴォーカル、華麗すぎるギターソロ、弾きまくりのヴァイオリン。もちろんおなじみのスパニッシュ風パートも登場する。確かにアプローチとしては、オーペスあたりに近い部分はあるだろう。アルバムを重ねるごとにプログレッシヴ・パートが占める割合が増加しているのも、オーペスと同じ道をたどっているように見える。だがオーペスがエクストリーム・メタル・パートをほぼ全面放棄したのに対し、ネイ・オブリヴィスカリスはまだまだデス/ブラックの色を濃く残す。ヴァイオリンに代表される先進性から、エクストリーム・メタル・パートに至る射程範囲の広さは、オーペスのそれを上回っているとさえ言える。

本作からは「イントラ・ヴィーナス」という曲が先行公開されているが、これを聴いた多くの人が、テクニカルかつメロディックなベースのプレイ、フレーズに耳を奪われたことだろう。05年から10年以上バンドを支え続けてきたベーシスト、ブレンダン・ブラウンであるが、今年2月私生活上のトラブルによりバンドを脱退。ということで本作では、あのシニックにも参加経験のあるオランダのベーシスト、Robin Zielhorstが全面参加しているのだ。Robinは現状あくまでこのアルバム限定のゲスト参加という位置づけのようだが、彼の貢献がいかに大きいかは、「イントラ・ヴィーナス」を聴いていただければすぐにおわかりになるはず。アルバム全編で堪能できる彼の素晴らしいベース・プレイは、間違いなくネイ・オブリヴィスカリスに新たな風を吹き込んでいる。

美しく、激しく、そして限りなくプログレッシヴ。「アーン」が再びエクストリーム・メタル界の台風の目となることは間違いない。3度目の来日にも期待がかかるところだ。



【メンバー】
ゼン(ハーシュ・ヴォーカル)
ティム・チャールズ(ヴァイオリン/クリーン・ヴォーカル)
ベンジャミン・バレット(リード/アコースティック・ギター)
マット・クラヴィンズ(ギター)
ダン・プレスランド(ドラムス)


【収録予定曲】
01. リベラ パートI - サタナイン・スフィアス
02. リベラ パートII - アセント・オブ・バーニング・モス
03. イントラ・ヴィーナス
04. エアリー
05. アーン パート1 - アンド・ウィズイン・ザ・ヴォイド・ウィ・アー・ブレスレス
06. アーン パート2 - アズ・エンバーズ・ダンス・イン・アワ・アイズ