ザ・ブラック・ダリア・マーダー/ナイトブリンガーズ【CD】
The Black Dahlia Murder photo by Karen Jerzyn

2017年10月6日 発売


絶叫と咆哮を撒き散らしながらひたすら突き進む“USメロディック・デスメタルの雄”ザ・ブラック・ダリア・マーダーの最新作『ナイトブリンガーズ』!激しく刻まれるリフと高速ブラスト、狂気のグロウル、リリシズムとアグレッションのあまりにも見事な融合が再び襲いかかる!さらに進化した攻撃的メタルサウンド、世界最高のブルータリティを体感せよ!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

ナイトブリンガーズ【CD】

ザ・ブラック・ダリア・マーダー ナイトブリンガーズ

商品形態
CD
品番
GQCS-90453
JANコード
4562387204526
価格
2,484円(税抜 2,300 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

1947年1月15日、黒い服を好んだことから「ブラック・ダリア」と呼ばれていた女優志願のエリザベス・ショートの死体がロサンゼルスのLeimert Parkで発見された。死体は激しく損壊し、胴の部分で2つに切断され、さらに清められていたという。事件発覚後、新聞社にブラック・ダリアの所持品が送りつけられるなど、全米を震撼させた迷宮入りの猟奇殺人事件。この通称“ブラック・ダリア事件”に由来する恐ろしいバンド名を冠したのは、米ミシガン州ウォーターフォード出身のザ・ブラック・ダリア・マーダーである。彼らの通算8枚目となる新たなオリジナル・アルバム『ナイトブリンガーズ』がいよいよリリースとなる。

ブラック・ダリア・マーダーは、2000年の終わり頃にブライアン・エスクバック (G/バンドの全作曲、編曲を担当)とコリー・グレイディ(Ds)によって結成され、2001年1月に最終的なラインナップが形成された。その後トレヴァー・スターナド(Vo/全作詞を担当)が加入し、曲作りを開始。メンバーは流動的だったが、デイヴィッド・ロック(B)とジョン・ケンパイネン(G)が加入すると、初期のラインナップが完成した。デモ・テープを2本制作した後、Lovelost Recordsから4曲入りEP『A Cold Blooded Epitaph』をリリース。これがきっかけとなり、アメリカの名門メタル・レーベル、メタル・ブレイド・レコーズと契約し、2003年に1stアルバム『Unhallowed』でデビューする。

以後、彼らは2年周期でアルバムをリリースし、精力的にツアー活動を続けてきた。その結果、2011年発表の5thアルバム『Ritual』は米ビルボード総合ランキングで31位を記録するなど商業的成功も収めている。ラインナップの入れ替わりが激しいバンドにもかかわらず、活動ペースは一切乱れておらず、16年経った今回のアルバムで8枚目となる。

過去5度の来日公演を行っており、日本でも人気のザ・ブラック・ダリア・マーダー。彼らのサウンドは1stアルバムからほとんど変わっておらず、一作ごとに確実に進化をみせている。北欧のメロディック・デス/ブラックと、Morbid Angelに代表されるフロリダ産デスメタルやUSメタルコアからの影響が感じられるものだ。ギターは獰猛なリフを刻み、ドラムは狂気のブラストビート、高音と低音を絶妙に使い分けるグロウルがバンドに独特の雰囲気を与えている。すべてのパートが有機的に繋がりブルータリティを肥大させていくなか、時に荘厳なメロディが顔を覗かせ、聴く者の心を抉るのである。とくにトレヴァーの存在感は強烈で、ぽっちゃり体型にメガネの風貌、見た目とは裏腹のボイスから吐き出される凶悪な歌詞がインパクトを増大させている。アグレッションとリリシズムが、非常に高いレベルで見事に融合した音楽であるといえる。

エクストリーム・メタルの様々な要素を取り入れながら進化してきたザ・ブラック・ダリア・マーダー。最新作『ナイトブリンガーズ』では、そんな彼らの魅力、超攻撃的メタルサウンドがさらに爆発している。2016年にライアン・ナイト(G)が脱退し、24歳のブランドン・エリスがバンドに加わり、エキサイティングな新しい時代の扉を開いたばかり。彼らが再び全米を震撼させるのは間違いない。



【メンバー】
ブライアン・エスクバック(ギター/ヴォーカル)
トレヴァー・スターナド(ヴォーカル)
マックス・ラヴェル(ベース)
アラン・キャシディ(ドラムス)
ブランドン・エリス(ギター)


【CD収録曲】
01. ウィドウメーカー
02. オブ・ゴッド・アンド・サーペント、オブ・スペクター・アンド・スネイク
03. メイトリアック
04. ナイトブリンガーズ
05. ジャーズ
06. キングス・オブ・ザ・ナイトワールド
07. カタコーム・ヘカトム
08. アズ・グッド・アズ・デッド
09. ザ・ロンリー・ディシーズド
《ボーナストラック》
10. ゴーン・バット・ノット・フォーゴトゥン
11. ディス・モータル・コイル(カーカス カヴァー)
12. ザ・スウォーム(アット・ザ・ゲイツ カヴァー)
13. アビズマル(ライヴ)
14. ラスト・グレイヴ(ライヴ)