エンスレイヴド/E【CD】
Enslaved photo by Christian Misje

2017年10月13日発売


ノルウェーのエクストリーム・メタル・バンド、エンスレイヴドの14thアルバム『E』リリース決定!“ノーマル”という概念を完全に取り去り、変拍子、奇妙なコード進行、常軌を逸した曲展開などバンド史上最も“アヴァンギャルド”な作品!
【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

E【CD】

エンスレイヴド E

商品形態
CD
品番
GQCS-90434
JANコード
4562387204168
価格
2,484円(税抜 2,300 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

エンスレイヴドは、ノルウェーのエクストリーム・メタル・バンド。四半世紀以上に渡る長い活動の中で、その音楽性をプログレッシヴ/アヴァンギャルドなものへと大きく変化させてきた彼らだが、実は思想的にはヴァイキング・メタル、音楽的にはシンフォニック・ブラック・メタルというジャンルのパイオニア的存在でもある。

エンスレイヴドは91年、イヴァー・ビョルンソン(G,Key)と、グリュートレ・チェルソン(Ba,Vo)によって結成された。この時グリュートレは17歳、イヴァーに至っては何と13歳。(ちなみにこの時のドラマーはK.ヨニーという名前だが、この人物、後のトゥリム・トルソンである。トゥリムは95年にエンスレイヴドを脱退、エンペラーに参加した。)

エンスレイヴドの名をアンダーグラウンドに轟かせたのが、2本目のデモ『Yggdrasill』(92年)である。このカセットで、当時まだ殆ど例のなかったシンセサイザー入りのシンフォニック・ブラック・メタルという新スタイルの音楽を提示。世界中のアンダーグラウンド・メタル・ファンの度肝を抜いた。それだけではない。音楽的にはブラック・メタルと言えるエンスレイヴドだったが、その思想は悪魔主義とは無関係。彼らがテーマとしたのは北欧神話であり、しかもそれを古ノルド語で歌ってみせたのだ。「北欧のバンドが母国語で北欧神話を歌う」という、現在特にヴァイキング・メタル方面で当たり前となっているこのコンセプトは、エンスレイヴドによる発案なのだ。当時イヴァーはまだ14歳。この年齢でエクストリーム・メタルの歴史を変える作品を作った人物は、他にいないであろう。しかも音楽面、思想面両方で、である。彼は間違いなく天才だ。

翌93年リリースのEP『Hordanes Land』は、エンペラーのデビューEPとのカップリングとしても発表された。このスプリットCDこそ、シンフォニック・ブラック・メタルという音楽形態を、初めて世間に広く認知させた作品。今でこそシンセサイザーもエクストリーム・メタルの標準楽器の一つだが、それもエンスレイヴドとエンペラーあってこそ。続く94年のデビュー・アルバム『Vikingligr Veldi』は、メイヘムのギタリストであったユーロニモスのレーベル、Deathlike Silence Productionsからのリリースだった。本作が発売された時点で、ユーロニモスはすでに故人であったが。同じく94年、デビュー・アルバム・リリースからわずか半年後にはセカンド・アルバム『Frost』を、フランスのOsmose Productionsから発表している。

基本的にシンフォニックなブラック・メタルを信条としてきたエンスレイヴドだが、97年のサード・アルバム『Eld』あたりから、徐々にではあるがプログレッシヴ・ロックへの傾倒が始まる。翌98年の4th『Blodhemn』、00年の5th『Mardraum: Beyond the Within』、01年の6th『Monumension』、03年の7th『Below the Lights』と、アルバムを重ねるごとにプログレへの接近はより顕著となり、クリーン・ヴォーカルが増加しただけでなく、メロトロンといったプログレのアイコン的楽器も登場。長年のパートナー、Osmose Productionsを離れ、Tabu Recordingsからのリリースとなった8th『Isa』(04年)、9th『Ruun』(06年)あたりになると、ブラック・メタル版ピンク・フロイドとでも形容すべき独自のプログレッシヴ・メタル・スタイルを確立。エクストリーム・メタル界最大手、Nuclear Blastと契約しリリースされた10th『Vertebrae』(08年)は、本国ノルウェーで、Spellemann Awardを受賞。その後も11th『Axioma Ethica Odini』(10年)、12th 『RIITIIR』(12年)、13th『In Times』(15年)と、もはや「アヴァンギャルド・ノルウェジアン・メタル」としか形容しようのない、オリジナリティあふれるハイ・クオリティな作品をコンスタントに発表。16年にはラウドパークにて、初来日公演を行ったことも記憶に新しい。

そして今回リリースとなる14枚目のアルバム『E』。本作は、「『ノーマル』な曲構成という概念を完全に捨て去り、あらゆる既存の枠組みや境界線、ルールを取り払った」というグリュートレの言葉通りの作品だ。変拍子、奇妙なコード進行、そして常軌を逸した曲展開は当たり前。ミニマル・ミュージックのようなギターまで飛び出し、美しいヴォーカル・ハーモニーとブラック・メタル・スクリームがせめぎ合う中、ほとんどの曲が8~10分クラスの大作になっている。彼らのプログレッシヴ魂は、以前にも増して大爆発しているということだ。いや、イヴァーの「プログレ・シーンというのは保守的な部分があるので、できればアヴァンギャルドと呼んでほしい」という言葉を尊重すれば、よりアヴァンギャルドに徹していると言うべきかもしれない。

『E』というタイトルは非常にシンプル。アルファベットの'E'にあたるルーン文字"Ehwaz"は、"M"という文字で表記され、これは「馬」を意味するのだそう。("M"という字体が、馬のように見えるからだ。)長年の人類のパートナーである馬は、「信頼」「協力」を表しており、『E』というシンプルなタイトルには、「共生」というコンセプトが込められている。そしてまた言うまでもなく、'E'とはエンスレイヴドの頭文字でもある。

本作は、25歳という若きキーボーディスト、ホーコン・ヴィンイェのデビュー作でもある。エンスレイヴドよりも若い(エンスレイヴドは結成26年目だ!)メンバーが、バンドに新たな風を吹き込んだことは間違いない。また、本作には同郷ノルウェーのフォーク・アンビエント・グループWARDRUNAのEinar Kvitrafn Selvikをはじめ、フルート・プレイヤーやジャズ・サクソフォン・プレイヤーなど多彩なゲストも参加。結成から四半世紀が過ぎた今も、エンスレイヴドは新しいことを求め続けている。『E』は、エンスレイヴド史上最もアヴァンギャルドな作品と言えるだろう。全エクストリーム・メタル・ファンはもちろん、プログレッシヴ・ロックやアヴァンギャルドな音楽のファンも必聴の傑作だ。



【メンバー】
イヴァー・ビョルンソン(ギター)
グリュートレ・チェルソン(ヴォーカル/ベース)
アイス・デイル(ギター)
ホーコン・ヴィンイェ(キーボード/ヴォーカル)
カトー・ベッケヴォル(ドラムス)


【収録曲】
01. ストーム・サン
02. ザ・リヴァーズ・マウス
03. セイクリッド・ホース
04. アクシス・オブ・ザ・ワールズ
05. フェザーズ・オブ・エオロー
06. ハインドサイト
《ボーナストラック》
07. ユーペット
08. ホワット・エルス・イズ・ゼア(ロイクソップ カヴァー)
《日本盤限定ボーナストラック》
09. ジズロバー(フェイス・ノー・モア カヴァー)