ガンマ・レイ/ランド・オブ・ザ・フリー【25周年アニヴァーサリー・エディション2枚組CD】

2017年9月29日 発売


ガンマ・レイ結成25周年記念!オリジナル・シンガーのラルフ・シーパースが脱退し、カイ・ハンセンがヴォーカルとギターを兼任した新体制でリリースした4作目『ランド・オブ・ザ・フリー』(1995年)が2017年にリマスタリングされたアニヴァーサリー・エディションとして登場!ボーナスCDには未発表のインストゥルメンタルやレア音源を収録!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

ランド・オブ・ザ・フリー【25周年アニヴァーサリー・エディション2枚組CD】

ガンマ・レイ ランド・オブ・ザ・フリー

商品形態
2枚組CD
品番
GQCS-90377〜8
JANコード
4562387203581
価格
3,024円(税抜 2,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

1989年にハロウィンを脱退したカイ・ハンセン(g, vo)が、元タイラン・ペイスのラルフ・シーパース(vo)、ウヴェ・ヴェッセル(b)、マティアス・ブールヒャード(ds)と共にレコーディングを行ない、ガンマ・レイという名前で1stアルバム『ヘディング・フォー・トゥモロウ』をリリースしたのは1990年のことだった。アルバム・リリース後、マティアスが脱退したため、元ホーリー・モーゼスのウリ・カッシュ(ds)と、2人目のギタリストとしてディルク・シュレヒター(g)を迎えたバンドは2ndの『サイ・ノー・モア』(1991年)をリリース。さらに、ウヴェとウリに替わってヤン・ルバック(b)とトーマス・ナック(ds)を迎えて3rdの『インサニティー・アンド・ジーニアス』(1993年)を発表したものの、ラルフがジューダス・プリーストのヴォーカル・オーディションを受けたことが原因で脱退。カイがリード・ヴォーカルも兼任する形で発表したのが4thアルバムの『ランド・オブ・ザ・フリー』(1995年)であった。

ラルフの脱退により、バンドの先行きが不安視されたが、この『ランド・オブ・ザ・フリー』はそんな心配をよそに素晴らしい内容になっていた。8分超えの大作「レベリオン・イン・ドリームランド」に始まり、メロディック・スピード・メタル・チューンの「マン・オン・ア・ミッション」や「サルヴェイションズ・コーリング」、感動的なタイトル曲の「ランド・オブ・ザ・フリー」などドラマティックな楽曲の目白押しとなっており、元ハロウィンのマイケル・キスク、ブラインド・ガーディアンのハンズィ・キアシュがゲスト・シンガーとして参加しているのも話題になったものである。尚、今回、アニヴァーサリー・エディションをリリースするにあたり、『ランド・オブ・ザ・フリー』の全曲が2017年版のリマスターがなされており、音質が向上しているという点も見逃すことができない。

さらにボーナス・ディスクにはアルバム『サイ・ノー・モア』に収録された「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」のプリ・プロダクション・ヴァージョンと「ドリーム・ヒーラー」の2017年にカメレオン・スタジオでライヴ録音されたインスゥルメンタル・ヴァージョン、同じく『ヘディング・フォー・トゥモロウ』収録の「ヘヴン・キャン・ウェイト」の2016年にカメレオン・スタジオでライヴ録音されたインスゥルメンタル・ヴァージョンなど、未発表のレア音源を含む7曲を収録されており、まさにファン必聴のアニヴァーサリー・エディションに仕上がっている。



【メンバー】
カイ・ハンセン(ヴォーカル/ギター)
ディルク・シュレヒター(ギター/キーボード)
ヤン・ルバック(ベース)
トーマス・ナック(ドラムス)


【収録曲】
[CD1]

01. レベリオン・イン・ドリームランド
02. マン・オン・ア・ミッション
03. フェアリーテイル
04. オール・オブ・ザ・ダムド
05. ライジング・オブ・ザ・ダムド
06. ゴッズ・オブ・デリヴァランス
07. フェアウェル
08. サルヴェイションズ・コーリング
09. ランド・オブ・ザ・フリー
10. ザ・セイヴィアー
11. アビス・オブ・ザ・ヴォイド
12. タイム・トゥ・ブレイク・フリー
13. アフターライフ

[CD2]
01. ヘヴィ・メタル・マニア
02. アズ・タイム・ゴーズ・バイ(プリ・プロダクションver)
03. ザ・サイレンス ’95
04. ドリーム・ヒーラー*
05. トリビュート・トゥ・ザ・パスト*
06. ヘヴン・キャン・ウェイト**
07. ヴァリー・オブ・ザ・キングス**

*インストゥルメンタル - ライヴ・アット・カメレオン・スタジオ2017
**インストゥルメンタル - ライヴ・アット・カメレオン・スタジオ2016