リングス・オブ・サターン/オルトゥ・ウラ【CD】
Rings Of Saturn photo by Stephanie Cabal

2017年7月28日 発売


日本侵略開始!カリフォルニア出身のエイリアン・デスコア・バンド、リングス・オブ・サターンが4thアルバム『オルトゥ・ウラ』で遂に日本デビュー!異常なまでにテクニカルで過激!前作『Lugal Ki En』で登場したエイリアンが、忘れ去られていた強大な力を持った存在を目覚めさせる!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】 

オルトゥ・ウラ【CD】

リングス・オブ・サターン オルトゥ・ウラ

商品形態
CD
品番
GQCS-90392
JANコード
4562387203697
価格
2,484円(税抜 2,300 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

リングス・オブ・サターンは、カリフォルニア出身のテクニカル・デスコア・バンド。ギタリストのルーカス・マンを中心メンバーとし、09年に活動を開始。CARNIFEX、SUICIDE SILENCE、WHITECHAPELなどに影響されたテクニカルなデスコア+宇宙~ルーカス自身の言葉を借りればエイリアン・デスコア~というのが、そのコンセプトであった。同年ルーカスは2人のメンバーを加え、「Abducted」という曲をネット上で発表。そのテクニカルぶり、変態ぶりで、たちまち大きな話題となった。ちなみにこの時点で、メンバーは全員高校生であったというのだから驚きだ。彼らは間髪入れず、デビュー・アルバム『Embryonic Anomaly』(自主制作)を発表。するとこれがUnique Leader Recordsの目にとまる。Unique Leader Recordsは、同じくカリフォルニアのテクニカル・デス・メタル・バンド、Deeds of FleshのErik Lindmarkが設立したレーベル。この手の音楽の総本山とでもいうべき名門で、Deeds of Fleshはもちろん、DisgorgeやFallujahなどもリリースしている。つまり若きリングス・オブ・サターンは、初アルバムにしていきなりシーンのボスに認められたということだ。Unique Leader Recordsはまず手始めに、彼らのデビュー作『Embryonic Anomaly』を再発。これにより、リングス・オブ・サターンの名は世界へと轟いていく。

高校生によるスタジオ専門のプロジェクト的な存在としてスタートしたリングス・オブ・サターンであったが、この頃にはメンバーを補充し、積極的にツアーもこなす本格的なバンドへと変貌。「パソコン上の編集に頼り切ってるんじゃないの?」という、あまりに技術水準が高すぎるバンドにしばしば向けられる疑惑を、ステージ上で簡単に、それも完璧に払拭してみせた。その実力を買われ、The Summer Slaughter Tourといった名のあるエクストリーム・メタルのツアーにも参加、その突出したステージングでさらなる反響を呼んだ。

しかしこの後、バンドはいくつかの困難に直面する。まず11年の終わりに、初期からのメンバー2人が脱退。残されたルーカス・マンは新メンバーを補充、セカンド・アルバム『Dingir』をレコーディングするが、途中バンド名を巡るトラブルが勃発。「リングス・オブ・サターン」という名の商標権を主張する者が現れたのだ。最終的にバンド名の使用継続は認められたが、法的争いの経費で大金を失っただけでなく、このトラブルの間に『Dingir』がインターネット上に流出してしまうという災難にまで見舞われることに。しかも流出したのは作業途中の中途半端なもの。これに対抗し、バンドは本作の完成版をYouTube上で無料公開するという苦肉の策をとった。踏んだり蹴ったりの状況ではあったが、アルバムを無料公開することで、リングス・オブ・サターンがさらに多くのファンを獲得するのに成功したのは間違いないだろう。14年、やはりUnique Leader Recordsから発表されたサード・アルバム『Lugal Ki En』は、ビルボード200チャートの126位にランクインするという快挙を果たす。

そして今回エクストリーム・メタル界の最高峰レーベル、ニュークリア・ブラスト・レコードに移籍後初のアルバム、『Ultu Ulla』がリリースされる。新たに加入したギタリストMiles Dimitri Bakerをフィーチャした本作は、あらゆる面において究極地点に達していると、リーダーのルーカスは豪語する。しかし「究極地点」とは、具体的にどのようなことを意味するのだろう? 凄まじいタッピングやスイープを多用した変態メロディ、不協和音程に嵐のようなブラスト。いわゆるリングス・オブ・サターン節はもちろん健在だ。だが今回顕著なのは、これらの変態パートと見事なコントラストをなす、メロディックな要素である。テクニカルな部分はよりテクニカルに、変態な部分はより変態になっているが、いわゆる「普通の」メロディが大幅に導入されているおかげで、例えばメロデス・ファンなどにも大きくアピールする仕上がりになっているのだ。本作でリングス・オブ・サターンは、確実に新境地に達したと言えるだろう。

今回ももちろん、エイリアン・コンセプトが冴える。タイトルの『Ultu Ulla』とはシュメール語で、「記録も残っていないほどの昔」という意味。前作『Lugal Ki En』もシュメール語であったことから想像がつくとおり、本作は『Lugal Ki En』の続編的なコンセプトを持ったアルバム。『Lugal Ki En』にも登場したエイリアンが、「現実の構造を脅かす、想像もできないような、ずっと忘れ去られていた、非常に強大な力を持った存在を目覚めさせる」という、わかるような、わからないような、実にエイリアン・デスコアらしい内容になっている。

「俺たちは実験的なバンドであり、ファンもそのことはわかってくれていると思う。俺たちは実験を続け、新たなる興奮をつかもうとしている。ニュー・アルバムを聴いて血が騒ぎすぎないように、気を付けてくれよ!」というルーカスの言葉には、いささかの誇張もない。異常なまでにテクニカル、そして異常なまでに過激。なのにとっつきやすい。究極中の究極スタイルの音楽、それがエイリアン・デスコアである!



【メンバー】
ルーカス・マン(ギター/ベース/シンセサイザー)
イアン・ベアラ(ヴォーカル)
アーロン・ステッカウナー(ドラムス)
マイルス・ディミトリ・ベイカー(ギター)


【収録曲】
01. サーヴァント・オブ・ディス・センティエンス
02. パラレル・シフト
03. アンハロウド
04. イメモリアル・エッセンス
05. ザ・レリック
06. マーギッダ
07. ハーヴェスト
08. ザ・マクロコズム
09. プログノシス・コンファームド
10. インアディクエット