アモラル/イン・シークエンス【CD】
Amoral photo by Valtteri Hirvonen
2016年1月29日発売

フィンランドを代表するヘヴィ・メタルバンド“アモラル”に元ヴォーカルのニコ・カリオヤルヴィが復帰!アリ・コイヴネンとのツイン・ヴォーカル/6人編成で初期の原始的かつ衝動的なスタイルとドラマチックなメタルサウンドが融合した最新作「IN SEQUENCE」(イン・シークエンス)発売決定!【歌詞対訳付/日本語解説書封入】

イン・シークエンス【CD】

アモラル イン・シークエンス

商品形態
CD
品番
GQCS-90092
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL


■【通販限定/CD+Tシャツ】



『イン・シークエンス』アルバム試聴・ダウンロード

「ルード・アウェイケニング」シングル試聴・ダウンロード

アマゾンMP3ストア配信中
『イン・シークエンス』アルバム
「ルード・アウェイケニング」シングル




【BARKS/インタビュー】「俺達はいつも自分達に挑戦し続けている」






【商品説明】
アモラルはヘヴィ・メタル大国フィンランドの首都ヘルシンキの出身。2004年にアルバム「WOUNDED CREATIONS」でデビューを果たした彼らは、フィンランド出身の新世代スラッシュ/デス・メタル・バンドの1つとして当時からかなりの注目を集めていた。日本でも当初よりメタル・ファンからの支持は高く、チルドレン・オブ・ボドムの後に続くべき期待の新星といった見方をされていた。彼らは順調に活動を続け「DECROWNING」(2005年)、「REPTILE RIDE」(2007年)といったアルバムを発表、音楽の攻撃性を更に推し進めながらも、よりテクニカルでプログレッシヴなアプローチを取り込むなど、創造面に磨きをかけることにも意欲的な姿勢を見せ続けていた。そんな中、2008年、アルバム・デビュー以前からフロントマンを務めてきたニコ・カリオヤルヴィが個人的な事情を理由にバンドから脱退、アモラルはしばらく活動を停止して沈黙を守った。

そして2008年11月、驚きのニュースが報じられた。ニコの後任として、フィンランドのタレント発掘番組『IDOLS』の優勝者で、2007年にアルバム「FUEL FOR THE FIRE」でデビュー、地元でアイドル歌手として活動していたアリ・コイヴネンのアモラルへの加入がアナウンスされたのだった。アリはニコがアモラルから離脱したことを知り、かねてよりバンドのファンだったことから「自分が加わりたい」とアプローチ、バンドとしてもヴォーカル/メロディ面でより多彩なスタイルを目指していたことから彼の申し出を受けてバンドの新しいシンガーとして迎え入れることを決めたのだった。

「デス/スラッシュ・メタル・バンドにアイドル歌手が加入する」という驚きのニュースには否定的な反応も寄せられたのだが、アリは元々熱心なヘヴィ・メタル・ファンであり、実のところの多様なヴォーカル・スタイルの持ち主だった。アリ加入後のアモラルは「SHOW YOUR COLORS」(2009年)、「BENEATH」(2011年)、「FALLEN LEAVES & DEAD SPARROWS」(2014年)といったアルバムをコンスタントに発表、当初は「メタル・バンド+アイドル歌手」といった側面に耳目が集まったが、新生アモラルは創造面においてアルバム毎に更なる進歩を遂げるようにもなっており、狭義のデス/スラッシュ・メタルという枠組みから飛躍、フィンランドを代表するプログレッシヴ/ヘヴィ・メタル・バンドとしての認知を得るようになった。

そして歳月を経た2015年3月、彼らはまたもや驚きのニュースを公表した。かねてよりバンドのショウに飛び入りしていたニコ・カリオヤルヴィのヴォーカリスト兼ギタリストとしての復帰を発表、今後アモラルは6人編成で活動していくことが明らかとなった。バンド・サウンドのこれまでのキャリアにおいて着実に経てきた進取性を保持しつつ、初期のデス/スラッシュ・メタルの原始的で衝動的なエネルギーを再び取り戻した新生アモラルによる通算7枚目のアルバムには「IN SEQUENCE」なるタイトルが冠せられた。「IN SEQUENCE」はアモラルの新章の始まりを告げる強力な仕上がりとなっている。




【メンバー】
アリ・コイヴネン (ヴォーカル)
ニコ・カリオヤルヴィ(ヴォーカル/ギター)
ベン・ヴァロン(ギター)
マシ・フカリ(ギター)
ペッカ・ヨハンソン (ベース)
ユハナ・カールソン(ドラムス)



【CD収録曲】
01.イン・シークエンス(プロローグ)
02.ルード・アウェイケニング
03.ザ・ビトレイアル
04.サウンズ・オブ・ホーム
05.ザ・ネクスト・ワン・トゥ・ゴー
06.ヘルピング・ハンズ
07.ディフューズ・ザ・パスト
08.フロム・ザ・ビギニング(ザ・ノート・パート2)
09.オール・アイ・ウォント(オフスプリング カヴァー)*日本盤限定ボーナストラック
10.ザ・ネクスト・ワン・トゥ・ゴー(エディット)*日本盤限定ボーナストラック