アナセマ/ジ・オプティミスト【通常盤CD】

2017年6月9日 発売


英国プログレッシヴ・ロックが21世紀を往く!アナセマの11枚目のアルバム『ジ・オプティミスト』リリース決定!2001年リリースのアルバム『A Fine Day To Exit』のジェケット写真をもとに構成され、“楽観主義者”の旅路を描くニュー・アルバムは音のロード・ムービーだ!
【日本語解説書封入】

ジ・オプティミスト【通常盤CD】

アナセマ ジ・オプティミスト

商品形態
通常盤CD
品番
GQCS-90360
JANコード
4562387203321
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

1990年に結成、今や英国モダン・プログレッシヴ・ロックの旗手となったアナセマ。2015年8〜9月に初来日公演を行い、光と影、ヘヴィネスとアンビエンスが交錯するステージで魅了した彼らだが3年ぶり、11作目となるスタジオ新作では、さらに進化した音世界を創り出している。

2001年のアルバム『ア・ファイン・デイ・トゥ・エグジット』の世界観を継承する本作は、ダニエル・カヴァナー (ギター/ピアノ/ヴォーカル/ループ)が「半・自伝的」と呼ぶものだ。バンドはその人生と想いを“ジ・オプティミスト=楽観主義者”に投影しながら、新しい心象風景の旅へと赴く。

カリフォルニア州シルバーストランドの浜辺からサンフランシスコ、スプリングフィールドと、景色が移り変わっていく一方で、聴く者はこのアルバムを通じて自らの内面を覗き込むことになるのだ。

“ジ・オプティミスト”の波乱に満ちた道程を彩るのがバンドの音楽だ。クールなプログラミングと熱いロックがコントラストを成す「リーヴィング・イット・ビハインド」から始まった旅はピアノの調べからドラマチックに盛り上がる「ジ・オプティミスト」、ミニマル・メタルと呼ぶべき「サンフランシスコ」、夢とうつつの美しい境界線を跨ぐ「ゴースツ」などを経て、精神が拡散していく「バック・トゥ・ザ・スタート」で大団円を迎え、そして原点へと回帰していく。

モグワイやベル&セバスチャン、スーパー・ファーリー・アニマルズらを手がけたトニー・ドゥーガンをプロデューサーに起用、アイルランドのドニゴールとスコットランドのグラスゴーでレコーディングを行ったことも、本作のサウンドにさらなる深みをもたらしている。『ア・ファイン・デイ・トゥ・エグジット』のアートワークを担当したトラヴィス・スミスを再び起用、彼自身がアメリカ西海岸で撮った写真を用いたジャケット/ブックレット・アートは、『ジ・オプティミスト』のサウンドスケープをヴィジュアル化したものだ。

よりライヴに近い形でレコーディングしたというオーガニックな演奏と、よりスピリチュアルな深みに歩を進めていく楽曲が、荘厳なまでの昂ぶりを生み出す。常に前進していく真のプログレッシヴ・ミュージックは、楽観主義の彩りと悲観主義の翳りを兼ね備えている。



【メンバー】
ヴィンセント・カヴァナー(ヴォーカル/プログラミング/キーボード/ギター/ベース)
ダニエル・カヴァナー(ギター/ベース/キーボード/ヴォーカル)
リー・ダグラス(ヴォーカル)
ジョン・ダグラス(ドラムス/プログラミング/キーボード)
ジェイミー・カヴァナー(ベース)
ダニエル・カルドーゾ(ドラムス)


【CD収録曲】
01. 32.63N 117.14W
02. リーヴィング・イット・ビハインド
03. エンドレス・ウェイズ
04. ジ・オプティミスト
05. サンフランシスコ
06. スプリングフィールド
07. ゴースツ
08. キャント・レット・ゴー
09. クローズ・ユア・アイズ
10. ワイルドファイアーズ
11. バック・トゥ・ザ・スタート

【Blu-ray Audioに関して】
収録時間:約58分
音声仕様:
・96kHz/24bit リニアPCMステレオ
・5.1ch リニアPCM
・DTS-HDマスター・オーディオ 5.1chサラウンド
*BLU-RAY DISC AUDIOとは、BLU-RAY DISCの容量ほとんどを音声だけに使用し、大容量の音声データ再生を可能にしたものです。一般的なBLU-RAY DISCと規格は変わりません、通常のBLU-RAYプレイヤーで再生可能となります。