セパルトゥラ/マシーン・メサイア【通常盤CD】
Sepultura

2017年1月13日発売


ブラジル・メタルシーンの英雄、セパルトゥラが通算14作目のスタジオ・アルバム『マシーン・メサイア』リリース!アルバムのテーマは現代社会におけるロボット化と神、これまでのキャリアすべてが詰め込まれたバラエティ豊かなサウンド!プロデューサーにはシンセイナムやフレッシュゴッド・アポカリプスを手掛けるイェンス・ボグレンを起用!
【日本語解説書封入】

マシーン・メサイア【通常盤CD】

セパルトゥラ マシーン・メサイア

商品形態
通常盤CD
品番
GQCS-90263
JANコード
4562387202171
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

『マシーン・メサイア』音源ダウンロード・試聴


ブラジル・メタルシーンの英雄、セパルトゥラが通算14作目のスタジオ・アルバム『マシーン・メサイア』リリース!アルバムのテーマは現代社会におけるロボット化と神、これまでのキャリアすべてが詰め込まれたバラエティ豊かなサウンド!プロデューサーにはシンセイナムやフレッシュゴッド・アポカリプスを手掛けるイェンス・ボグレンを起用!

ギタリストのアンドレアス・キッサ―が、リオ・パラリンピックの閉会式に登場したのも記憶に新しいセパルトゥラ。彼らは、スラッシュ・メタル、デス・メタル、ブラック・メタル、グルーヴ・メタルなど、限りなく細分化しているエクストリーム・メタルの複数のジャンルにまたがって革命的作品を残している。インターネットも存在しない時代、ブラジリアン・スラッシュ・メタルというのはあくまでマニア向けのカルト・シーンでしかなかった。そんな認識を180度変えたのも、セパルトゥラであった。正にブラジルの英雄である。

マックス、イゴールのカヴァレラ兄弟がセパルトゥラを結成したのが84年。翌85年に同郷のOverdoseとのスプリットLP『Bestial Devastation』でデビュー。87年、現在バンドの主導権を握るギタリスト、アンドレアス・キッサ―が加入し製作された『Schizophrenia』が、一つの転機となる。それまでのブラック・メタル的緩さを破棄、演奏や音質が大幅に改善された本作はブラジル国外でも大きな話題となった。さらにロス・ロビンソンをプロデューサーに迎えた96年の『Roots』では、ブラジル的要素を大幅に導入。新スタイルをさらなる高みへと押し上げた。その後、バンドの顔でもあったマックス・カヴァレラとイゴール・カヴァレラが脱退したが、バンドは順調にリリースを重ねてきた。

そして今回リリースされるのが、前作から3年3か月ぶりとなる14枚目のアルバム『マシーン・メサイア』だ。アルバム・タイトルやアートワークが暗示するように、今回のテーマは現代社会におけるロボット化と神、いわゆるデウス・エクス・マキナである。ヴォーカリストのデリック・グリーンが「ファンはどんなアルバムになるか想像つかないだろうね。でもファンは、セパルトゥラがいつも新しいことに挑戦するバンドであることは知っているだろう?」と語るだけあって、アルバムはいきなりバラードとでも形容すべき曲でスタート。スラッシュやグルーヴ・メタル、お得意のワールド・ミュージックものと、彼らのこれまでのキャリアすべてが詰め込まれたバラエティ豊かな作品に仕上がっている。

さらにはオルガン・ソロやシンフォニック・アレンジメントなどプログレッシヴな一面も見せ、キャリア30年を超えた今も、セパルトゥラは貪欲に新たな世界を切り開き続けているのである。プロデュースは、現在エクストリーム・メタル界一番の売れっ子、イェンス・ボグレンだ。

ブラック・メタル、デス・メタル、グルーヴ・メタル。いくつものジャンルでその頂点を極めてきたセパルトゥラ。『マシーン・メサイア』は、そんな彼らの新たなる一歩となる作品である。



【メンバー】
アンドレアス・キッサー(ギター)
デリック・グリーン(ヴォーカル)
エロイ・カサグランデ(ドラムス)
パウロ Jr.(ベース)


【CD収録曲】
01. マシーン・メサイア
02. アイ・アム・ジ・エネミー
03. ファントム・セルフ
04. アリシア
05. アイスバーグ・ダンセズ
06. スウォーン・オース
07. レジスタント・パラサイツ
08. サイレント・ヴァイオレンス
09. ヴァンダルズ・ネスト
10. サイバー・ゴッド
■ボーナストラック
11. チョーズン・スキン
12. ウルトラセブンの歌