ブルーズ・ピルズ/レディー・イン・ゴールド【スペシャル・エディションCD+ライヴDVD+ライヴCD】
Blues Pills photo by Peder Carlsson
2016年8月5日発売

スウェーデン/アメリカ/フランスという多国籍バンド“ブルーズ・ピルズ”の2ndアルバム『レディー・イン・ゴールド』完成!紅一点ヴォーカルのエリン・ラーソンがエモーショナルに歌い上げるブルーズ・ロック!本格派の矜持が溢れ出る魂のサウンドに身を委ねよ!【歌詞対訳付き/日本語解説書封入/日本語字幕付き】

レディー・イン・ゴールド【スペシャル・エディションCD+ライヴDVD+ライヴCD】

ブルーズ・ピルズ レディー・イン・ゴールド

商品形態
スペシャル・エディションCD+ライヴDVD+ライヴCD
品番
GQCS-90180〜2
JANコード
4562387200856
価格
4,104円(税抜 3,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL


■【初回限定盤CD+ライヴDVD】
■【通常盤CD】

『レディー・イン・ゴールド』アルバム視聴・ダウンロード

【BARKS】ブルーズ・ピルズ、飛躍への輝ける助走【インタビュー】
【BARKS】ブルーズ・ピルズのサイケデリック&ヴィンテージなブルーズサウンド







 ブルーズ・ピルズはスウェーデン中部の街エレブルーを拠点とするブルーズ・ハード・ロック・バンド。アメリカ人ベーシストのザック・アンダーソンと彼の弟でドラマーのコリー・ベリーは元々アイオワのサイケデリック・ロック・バンドRADIO MOSCOWで活動していたのだが、ザックは2011年のある日、カリフォルニアにて、スウェーデン出身の女性シンガー、エリン・ラーソンと出会った。そのことが新しいバンド結成の直接のきっかけだった。また、ザックはその1年ほど前にフランスにてドリアン・ソリオーとも出会っており、彼のギター・プレイに大いに感銘を受けていた。各メンバー達はしばらくインターネットのやりとりで創作を行なっていたのだが、バンド活動が本格化することを見込んで、それぞれスウェーデンに移り住むことを決断した。

 バンド結成間もない頃にインターネットに公開したデモに対して良い反応が集まっており、やがて彼らのもとに様々なレーベルから作品リリースの話が舞い込むようにもなった。ブルーズ・ピルズは作曲とリハーサルとレコーディングを精力的に続行、2012年に『Maximum Ames Records』より7インチ・シングル「BLACK SMOKE」を、2014年に『Crusher Records』より10インチEP「BLISS」をリリースした。それらの音源は耳聡いロック・リスナーの間で瞬く間に話題となって即完売、現在ではインターネットの中古盤市場にてそれぞれ高値で取り引きされている。ちなみにブルーズ・ピルズというバンド名は60年代及び70年代のオブスキュアなロック・バンドを扱うブログ『BluesPillz』から採られたもので、そのブログの書き手であるドイツ人プロモーターは今現在『FREAK VALLEY FESTIVAL』を主催している。ブルーズ・ピルズは同フェスティヴァルの2014年版と2015年版でヘッドライナーを務めるなど、両者は極めて良好な関係を築き上げている。

 ブルーズ・ピルズにとっての最大の転機が訪れたのは2013年のこと。ヨーロッパ最大のヘヴィ・メタル・レーベルの1つ『Nuclear Blast』が彼らにアプローチ、両者の間で大型契約が結ばれたのだった。『Nuclear Blast』より、EP「DEVIL MAN」(2013年)、ライヴEP「LIVE AT ROCKPALAST」(2014年)をリリース、アルバム・デビュー前にもかかわらず彼らは一躍要注目バンドの1つとして幅広く認知されるようになった。そして2014年7月、彼らは待望のファースト・フル・アルバム『ブルーズ・ピルズ』を発表。60年代、70年代のサイケデリック・ロック、ブルーズ・ロック、ハード・ロック、50年代のソウル/R&Bから大いなる影響と刺激を受けた彼らの本格的なサウンドは、世界中の音楽ファンやメディアから高い評価を得ることになった。この時、ドリアンはまだ18歳、他のメンバー達は20代前半という若さだったが、子供の頃から世の中の刹那的な流行には一瞥もくれることなく、音楽がアートと認識されていた旧き良き時代のレコードに触れて学んできたからこそのサウンドとパフォーマンスがそこに凝縮されていたのである。

アルバム・デビュー後、彼らのライヴ活動は更に勢いづき、『SWEDEN ROCK FESTIVAL』やドイツ『ROCK HARD FESTIVAL』、スイス『MONTREUX JAZZ FESTIVAL』といった名だたる舞台にも登場、大喝采を得たのだった。2015年には、前述の『FREAK VALLEY FESTIVAL』出演時に撮影した素材によるライヴDVD『BLUES PILLS - LIVE』を発表している。

アルバム・デビュー早々に順調な滑り出しを見せたブルーズ・ピルズの面々は、2015年の年末からセカンド・アルバムの制作に取り掛かった。アルバム制作を中断して2016年2月から4月にかけてヨーロッパ・ツアーを行なっていたが、そのツアーを終えると彼らはアルバムの最終仕上げに着手、ここに『レディー・イン・ゴールド』を完成させたのである。アルバムには彼らのオリジナル曲9曲の他、アメリカのソウル・シンガー、トニー・ジョー・ホワイトのカヴァー「エレメンツ・アンド・シングス」が収められている。1969年発表作「CONTINUED」からの選択であるこの曲は、2014年の時点から既にブルーズ・ピルズのライヴでのセットリストに収まっていた曲でもある。アートワークを手掛けたのは前作に引き続きオランダ人アーティスト、マリク・コーゲル・ダーナム(BEATLESやCREAMの作品で著名)であり、プロデュースも前作と同様にドン・アルスターベルグ(GRAVEYARD他)が担当した。なお、ファースト・アルバム発表から間もなくドラマーがコリー・ベリーからアンドレ・クヴァーンストロームに交代したが、本作はアンドレを擁する編成による最初のアルバムでもある。

BPpage

【メンバー】
エリン・ラーソン(ヴォーカル)
ザック・アンダーソン(ベース)
ドリアン・ソリオー(ギター)
アンドレ・クヴァーンストローム(ドラムス)



【CD収録曲】
1. レディー・イン・ゴールド
2. リトル・ボーイ・プリーチャー
3. バーンド・アウト
4. アイ・フェルト・ア・チェンジ
5. ゴーン・ソー・ロング
6. バッド・トーカーズ
7. ユー・ガタ・トライ
8. ウォント・ゴー・バック
9. リジェクション
10. エレメンツ・アンド・シングス



【ライヴDVD/CD収録曲】
<2015年4月7日 ベルリン公演>
1. ハイ・クラス・ウーマン
2. エイント・ノー・チェンジ
3. ブリス
4. ディグ・イン
5. ノー・ホープ・レフト・フォー・ミー
6. デヴィル・マン
7. ブラック・スモーク
8. リトル・サン
9. アストラルプレイン