【予約受付中】マージング・フレア/リヴォルト・レジーム【CD】
Merging Flare

2019年9月27日 発売予定


METAL WEEKEND 2019で来日するビースト・イン・ブラックのカスペリ・ヘイッキネン(ギター)が在籍するマージング・フレアが約8年ぶりとなる2ndアルバム『リヴォルト・レジーム』をリリース!スピード・チューンを中心にした劇的なナンバーの数々はメタル・ファンをノックアウトすること間違いなし!
【日本盤限定ボーナストラック2曲収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

【予約受付中】リヴォルト・レジーム【CD】

マージング・フレア リヴォルト・レジーム

予約受付中
商品形態
CD
品番
GQCS-90761
JANコード
4582546590185
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

同じ学校に通っていたカスペリ・ヘイッキネン(ギター)とヘンリ・パイ(ドラムス)によって結成されたカヴァー・バンドから発展したDISEASEを母体に、2001年から活動をスタートさせたマージング・フレア。他のバンドと掛け持ちをしながら、3本のデモの制作をした彼らは、結成から10年目にしてアルバム『レヴェランス』(2011年)でデビューを果たす。この作品にはガンマ・レイのカイ・ハンセンが4曲に参加していたことが話題となったが、実はマージング・フレアのメンバーのカスペリとマティアス・パルム(ヴォーカル)は、マニアにはよく知られているガンマ・レイのトリビュート・バンドGUARDIANS OF MANKINDで活動しており、カスペリは怪我をしたガンマ・レイのヘニュ・リヒターの助っ人としてステージに立ったことがあるなど、本家も認める存在なのである。

この『レヴェランス』はガンマ・レイからの影響を感じさせるものの、シンセサイザーを大胆に取り入れた曲もあるなど、いわゆるジャーマン系のメロディック・パワー・メタルとはひと味違う作風になっていた。この作品をリリース後、地元フィンランドで数回ライヴを行なったものの、バンドは活動を休止。その後、カスペリはU.D.O.のメンバーとして活動した後、元バトル・ビーストのアントン・カバネンが結成したビースト・イン・ブラックに参加し、アルバム『バーサーカー』(2017年)と『フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ』(2019年)をリリースする中、マージング・フレアを再始動させ、今回、約8年ぶりとなる2ndアルバム『リヴォルト・レジーム』を発表したのであった。

ギタリストが1人脱退し、マティアス・パルム、カスペリ・ヘイッキネン、ヘンリ・パイ、ハッリ・レイノネン(ベース)の4人によって制作されたこの作品は、シンセサイザーのパートが少なくなったこともあって、全体的にサウンドがシャープになり、キャッチーなヴォーカル・メロディが印象的なメロディック・パワー・メタル・アルバムに仕上がっている。スピード感のあるナンバーを中心に美旋律リード・ギターをフィーチュアした曲や疾走感溢れるアグレッシヴなナンバーなど、どの曲もヘヴィ・メタルの醍醐味に溢れており、ハスキー・ヴォイスのマティアスのパワフルな歌声と、カスペリの技巧派ギター・ソロも大きな魅力。ガンマ・レイやビースト・イン・ブラックのファンのみならず、メロディック・パワー・メタル・ファン全てにアピールする作品に仕上がっている。



【メンバー】
カスペリ・ヘイッキネン (ギター)
マティアス・パルム (ヴォーカル)
ハッリ・レイノネン (ベース)
ヘンリ・パイ (ドラムス)


【CD収録予定曲】
01. トレイルブレイザーズ
02. アライアンス・イン・ディファイアンス
03. クラリオン・コール
04. ジ・アビス・オブ・タイム
05. マインズ・アイ (リーチング・アウト)
06. ウォー・ウィズイン
07. ミッドウィンター・マジック
08. ディヴァステイター
09. シン・アゲインスト・ザ・シナー
10. ラッキー・ワン [ローラ・ブラニガン カヴァー]
《日本盤限定ボーナストラック》
11. セント・エルモス・ファイアー (マン・イン・モーション) [ジョン・パー カヴァー]
12. ゲイト・オブ・ヘヴン [ヘヴンズ・ゲイト カヴァー]