キラー・ビー・キルド/キラー・ビー・キルド【Tシャツセット】
Killer Be Killed
2014年5月14日発売



エクストリーム・メタル四巨頭によるサミットが実現! ソウルフライ / ディリンジャー・エスケイプ・プラン / マストドン / マーズ・ヴォルタのメンバーからなる、ヘヴィネスあふれるスーパーバンド“キラー・ビー・キルド”がついに始動!【日本語解説書付/歌詞・対訳付】

キラー・ビー・キルド【Tシャツセット】

キラー・ビー・キルド キラー・ビー・キルド

通販限定
商品形態
Tシャツセット
品番
WRDZZ-080
JANコード
4562387194902
価格
4,320円(税抜 4,000 円)
サイズ
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL


マックス・カヴァレラ(ソウルフライ/カヴァレラ・コンスピラシー)とグレッグ・プチアート(ディリンジャー・エスケイプ・プラン)のデモ・セッションから、このプロジェクトは始まった。カリフォルニア州オレンジ・カウンティでジャムを繰り広げ、アルバム1枚分の曲を書き上げた彼らは、ベーシストのトロイ・サンダース(マストドン)とドラマーのデイヴ・エリッチ(元マーズ・ヴォルタ)を招き、正式なレコーディングを行うことになった。

そうして完成した『キラー・ビー・キルド』について、マックスは「ヘヴィで速く、メロディアスな、唯一無比の特別なプロジェクト」と表現している。4人の個性がぶつかり合い、溶けこみ合うサウンドは、メタルやハードコア、ケイオティック・コアなど、それぞれのバンドの異なったカラーを取り入れながら、“ヘヴィ”であるという共通項でまとめ上げている。

先行ダウンロード・シングルとして発表された「ウィングス・オブ・フェザー・アンド・ワックス」から疾走感あふれるナンバーが続き、「メルティング・オブ・マイ・マロウ」「ダスト・イントゥ・ダークネス」などのミッド〜スローな楽曲と緩急をつけながら、全編を貫く。

マックスはセパルトゥラからソウルフライを率いて現代ヘヴィ・ロックを席巻する一方で、ネイルボムやカヴァレラ・コンスピラシーなどのプロジェクトも行ってきた。ソウルフライの作品では作品ごとにスリップノットやスレイヤー、リンプ・ビズキット、デフトーンズ、ナパーム・デスなどのメンバーとの共演が実現しており、『オーメン』(2010)にはグレッグがゲスト参加している。

グレッグはディリンジャー・エスケイ・プランのヴォーカリストとして、ケイオティック・コアあるいはマスコアと呼ばれるサウンドを形作ってきた。暴力的なステージ・パフォーマンスで支持されてきた彼は、キラー・ビー・キルドの音楽性に混沌をもたらしている。彼もまた、デヴィン・タウンゼンドやイゴール・カヴァレラ(マックスの弟で元セパルトゥラのドラマー)と共演するなど、他流試合を得意としてきた。

トロイがプレイするマストドンは現代ヘヴィ・ロックにプログレッシヴなコンセプトを蘇らせたバンドだ。彼はデビュー以来、バンドの作品でベースをプレイ。最新作『ザ・ハンター』(2011)は世界的に高く評価されている。

デヴィッドはマーズ・ヴォルタのドラマーとして活躍してきた。オルタナティヴとヘヴィ・ロックを融合させた音楽性で人気を博したこのバンドに、彼は2009年から2010年にかけて在籍してきた。

アルバムのプロデュースは、ラム・オブ・ゴッドやヘイトブリード、GOJIRAなどを手がけてきたジョシュ・ウィルバーだ。

キラー・ビー・キルドとしてのライヴも噂されており、『キラー・ビー・キルド』は単なる一回限りのお祭りではなく、新たなエクストリーム・メタル伝説の始まりを予感させる。



【メンバー】
マックス・カヴァレラ(ヴォーカル/ギター)[ソウルフライ/カヴァレラ・コンスピラシー]
グレッグ・プチアート(ヴォーカル/ギター)[ディリンジャー・エスケイプ・プラン]
トロイ・サンダース(ベース)[マストドン]
デイヴ・エリッチ(ドラムス)[元マーズ・ヴォルタ]



【収録曲】
01.ウィングス・オブ・フェザー・アンド・ワックス
02.フェイス・ダウン
03.メルティング・オブ・マイ・マロウ
04.スネイクス・オブ・エホバ
05.カーブ・クラッシャー
06.セイヴ・ザ・ロボッツ
07.ファイア・トゥ・ユア・フラッグ
08.I.E.D.
09.ダスト・イントゥ・ダークネス
10.トウェルヴ・レイバーズ
11.フォービドゥン・ファイア