ヴェニューズ/アスパイア【通常盤CD】
Venues photo by Venera Red Photography

2018年7月27日発売


良質なメタルバンドを輩出し続けるドイツ発!男女ツイン・ヴォーカルを配した個性的なスタイルが話題のポスト・ハードコア/メタルコア・バンド、ヴェニューズ。初期のPARAMORE好きも必聴のデビュー作。
【日本盤限定ボーナストラック収録/解説書封入/歌詞対訳付き】
※クーポンご利用いただきましたご注文につきましては、ポイント付与されません。またポイントをご利用いただけません。
※カートの仕様上、「お届け希望日」をご入力いただくことは可能ですが、日付指定に関係なくご用意できたご注文より順次発送をさせていただきます。
※発送まで2〜3週間ほどお時間をいただく場合がございます。
※ご注文確定後の変更・追加・キャンセル・返品はお受けすることができません。ご了承の上お買い求めください。
※クーポン価格/仕様は予告なく価格が変更されることがございます。
※商品のご用意ができない場合、別途ご連絡をさせていただきます。
※詳しくはこちらをご覧ください。

アスパイア【通常盤CD】

ヴェニューズ アスパイア

クーポン対象
商品形態
通常盤CD
品番
GQCS-90623
JANコード
4562387207077
価格
2,530円(税抜 2,300 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

男女ツイン・ヴォーカルを配したユニークなスタイルでポスト・ハードコア/メタルコアを轟かせる6人組、ヴェニューズ。

バンドは2014年にドイツ南西部の都市、シュトゥットガルトで結成された。結成当初は“BREAK DOWN A VENUE”と名乗っていたが、後に現在のバンド名“VENUES(ヴェニューズ)”と名乗るようになる。影響を受けたバンドは、PARKWAY DRIVE、ADEPT、SILVERSTEIN、FUNERAL FOR A FRIEND、UNDEROATH、 ARCHITECTS、VANNAなどを挙げている。まだ短いキャリアの中でバンドはESKIMO CALLBOY, CALLEJON, DEEZ NUTS、CALIBAN、ATTILAなどと共演を果たすなど、順調にキャリアを積み重ねている。

今作『Aspire』は、ドイツの新勢力Arising Empireからのリリースとなる。Arising Empireはヨーロッパ最大級のインディ・レーベルNuclear Blastのサブ・レーベルという位置付けで、本家とは異なるジャンルのアーティストを所属させている。現在Arising Empireに所属しているアーティストは、先日来日を果たしたALAZKA、ANY GIVEN DAY、IMMINENCE、NOVELISTS、TO THE RATS AND WOLVES、WHILE SHE SLEEPSなど個性的で実力を持ったバンドばかりである。蛇足だが、男性ヴォーカリストのロビンはNuclear BlastのA&Rという肩書も持っている。

ヴェニューズ最大の武器は、ロビンとナイヴスによる個性的な男女のツイン・ヴォーカル体制だろう。今作で聴ける2人のヴォーカルは、2015年7月にリリースされた3曲入りのEP『Break Down A Venue』の頃とは比べ物にならないくらい自信に満ち溢れている。「The Longing」ではナイヴスがヘイリー・ウィリアムス(PARAMORE)を彷彿させる歌声で楽曲を牽引している。

成長を感じるのはヴォーカルだけではない、今作には「We Are One」をはじめとするエモーショナルでアンセミックな楽曲が並び、デビュー作とはおもえない完成度を誇る。ロビンは、エネルギーに満ちたアルバム・オープニング曲「We Are One」について、「いま、俺たちはソーシャル・メディアのおかげで世界中の誰とでも繋がることができるようになった。でも皮肉なことに、以前よりも孤独を強く感じてしまうこともある。“We Are One”に込めたメッセージは、そんな人たちに目を覚ましてもらうウェイク・アップ・コールなんだ。あなたは決して孤独なんかじゃない、問題を抱えて怖れを感じているのは、あなただけじゃない。そんな人たちに団結を呼びかけるメッセージが込められているんだ」。

今作の録音、ミックス、マスタリングまで手掛けたのは、同じドイツのバンドでレーベル・メイトでもあるANNISOKAYでシンガー兼ギタリストを兼任するクリストフ・ヴィチョレク。クリストフは「Fading Away」でゲスト参加もしている(ANNISOKAY過去に日本盤をリリースしているポスト・ハードコア/メタルコア・バンドだ)。

ポスト・ハードコア/メタルコア・ファンのみならず、幅広いロックファンにアピールできる魅力を備えたバンド=ヴェニューズ。この夏は本国ドイツのディンケルスビュールで開催されるメタルフェス、Summer Breeze Open Air 2018への出演も決定している。また、今作はヨーロッパではARISING EMPIRE、そしてアメリカではSHARPTONE RECORDSからのリリースとなることからアメリカでの活躍も期待されている。

今作のタイトル『Aspire』には“大志を抱く”という意味がある。ドイツから大きな志を胸に秘めたバンドが現れた!ヴェニューズ…2018年下半期に注目すべき新たな才能である。



【メンバー】
ナイヴス(ヴォーカル)
ロビン・バウマン(ヴォーカル)
コンスタンティン・ラニス(ギター)
トニ・リックス(ギター)
フローリアン・ブレット(ベース)
デニス・ヴァンフーフェン(ドラムス)


【収録曲】
01. ウィ・アー・ワン
02. ライツ
03. ザ・ロンギング
04. フェイディング・アウェイ [feat. クリス・ヴィチョレク(Annisokay)]
05. ジ・エピローグ
06. ジレンマ
07. マイ・トゥルー・ノース
08. スター・チルドレン
09. ナッシング・レス
10. シェイズ・オブ・メモリー
11. サイレンス
12. イグナイト
13. フラグメンツ *日本盤限定ボーナストラック