ヴァードゥルナ/ルナルヨッド・ラグナロク【CD】
Wardruna photo by Ester Segarra

2018年3月14日発売


北欧の凍てつく大地、神秘の森と湖、雄大なフィヨルドが生んだダーク・アンビエント/ネオ・フォークの旗手、ヴァードゥルナが3rdアルバム『ルナルヨッド・ラグナロク』で遂に日本デビューを果たす!ブラック・メタル、ゴス、フォーク/トラッド、ワールド・ミュージック──その全てを呑み込むミステリアスな調べ、プリミティヴな躍動に、誰しもが魂を揺さぶられるに違いない…!!
【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

ルナルヨッド・ラグナロク【CD】

ヴァードゥルナ ルナルヨッド・ラグナロク

商品形態
CD
品番
GQCS-90533
JANコード
4562387205400
価格
1,944円(税抜 1,800 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

ノルウェーのベルゲンを拠点とするヴァードゥルナが結成されたのは'03年。当時、ブラック・メタル・バンドのゴルゴロスでドラマーを務めていたクヴィトラフンことアイナル・セルヴィクが、自らのルーツに目覚め、土着の古謡や伝承に触発されたことに端を発する。彼が着目したのは古代の文字体系ルーン。何と、その意味や成り立ちを音楽で表現することを思い立ったのだ。

ヴァードゥルナ始動に当たり、ゴルゴロスのシンガー、ガァールことクリスチャン・アイヴィン・エスペダルと、女性シンガーのリンディ=ファイ・ヘラに声をかけたアイナルだったが──ただ安易に、衝動的に音楽に取り組むのを良しとせず、まずはルーン文字の研究に取り組み、北欧神話やヴァイキングの歴史、その時代の楽器についてもリサーチを始める。様々な古楽器については、演法は勿論のこと、楽器そのものに関する知識も情報も殆どなく、かなりの努力と忍耐を要したという。結局、当初からの構想を具現化するためには、実に約7年が費やされ、'04年にゴルゴロスを脱退していたアイナルが、ようやくデビュー・アルバム『RUNALJOD - GAP VAR GINNUNGA』を完成させたのは'09年のことであった。ちなみに、バンド名のWARDRUNA(ヴァードゥルナ)とは、ノルウェーの古語で“神秘の護り手”を意味するという。

興味深いのは、『RUNALJOD - GAP VAR GINNUNGA』が3部作の第1弾だったこと。アイナルは当初からそれを綿密に計画しており、3枚のアルバムで“創世”“生長”“終末”という大きなサイクルを描き、さらに、ルーンの(ゲルマン共通)アルファベット24文字を、アルバム1枚毎に8文字ずつ採り上げ、それぞれが有する意味や真理を表現しようとした。つまり、3作でひとつの大いなる体系を形作ろうとしたのだ。そして、'13年にセカンド『RUNALJOD - YGGDRASIL』が、'16年に3rdアルバム『ルナルヨッド・ラグナロク』がリリースされ、これまで誰もやったことがない壮大なる挑戦は──'15年にガァールの脱退もあったが──12年以上かけて見事に結実する。

彼等を一躍有名にしたのは、ヒストリー・チャンネルの歴史ドラマ『ヴァイキング』だった。その楽曲が使われ、アイナル自身も物語本編に登場することで、それまでごくアンダーグラウンドな存在に過ぎなかったヴァードゥルナの名は広く知れ渡り、何と『ルナルヨッド・ラグナロク』が米『billboard』誌の“World Albums”部門でNo.1となるのだ。 そこにある音楽は、スピリチュアルで、プリミティヴで、エモーショナル。太古のリズムが魂を呼び起こし、古ノルド語などによる詠唱が夢想を誘ない、古楽器の気鳴と弦鳴が覚醒を促す。それらは正に、ヴァイキングの時代に演奏され、歌われていたに違いあるまい。クラヴィクリラ(竪琴)やブッケホルン(角笛)、ターゲルハルパ(擦弦楽器)やルール(金管楽器)といった古楽器の多くは、アイナルが自ら演奏。さらに、石や木、氷までもをパーカッションとして用い、ハーディングフェーレ(ノルウェー独特のヴァイオリン)などゲスト奏者も起用し、水のせせらぎや風のそよぎを大自然の中で録音することで、ヴァードゥルナの音楽は完成する。ある時は巫女のように、またある時は地母神のようにリスナーを包み込む、リンディ=ファイの歌声も大きな魅力のひとつだ。

古えの北欧の知恵と理性を深く追求し、神羅万象と天地万物を讃え、自然の恩恵と人間の摂理に迫り、それら全てを音楽を通じて現代に甦らせる──ヴァードゥルナの独自音世界へ、さぁ踏み込もう…!!



【メンバー】
アイナル・セルヴィク(ヴォーカル/ターゲルハルパ/クラヴィクリラ/ホルン/ルール/ドラムス)
リンディ=ファイ・ヘラ(ヴォーカル)
エイリッフ・グンダーセン(ルール/ホルン/フルート/アイス・パーカッション)
アルネ・サンヴォル(ヴォーカル)
HC ダルガード(ヴォーカル)
ヒェル・ブラーテン(ヴォーカル)


【収録曲】
01. Tyr
02. UruR
03. Isa
04. MannaR - Drivande
05. MannaR - Liv
06. Raido
07. Pertho
08. Odal
09. Wunjo
10. Runaljod
《日本盤限定ボーナストラック》
11. Snake Pit Poetry - Skaldic Mode