ウェンズデイ13/コンドレンセス【CD】

2017年6月2日 発売



ウェンズデイ13史上最もヘヴィなアルバム『コンドレンセス』完成!ハード・ロック、スラッシュ、デスまで多種多様な要素が詰め込まれたホラー・メタルの真骨頂!
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

コンドレンセス【CD】

ウェンズデイ13 コンドレンセス

NEW
商品形態
CD
品番
GQCS-90348
JANコード
4562387203246
価格
2,700円(税抜 2,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

◼【通販限定】20セット直筆サインカード付きCD+Tシャツ

Wednesday 13、本名ジョセフ・プールはノース・カロライナ出身のヴォーカリスト。元々はFRANKENSTEIN DRAG QUEENS FROM PLANET 13というホラー・パンク・バンドのヴォーカリストであった彼だが、その名を一躍有名にしたのはマーダードールズでの活躍だろう。02年、当時スリップノットのドラマーであったジョーイ・ジョーディソンによるスーパー・プロジェクトとして大きな話題となったマーダードールズ。そのヴォーカリストに抜擢されたWednesday 13は、一夜にしてスターとなったのである。マーダードールズが一旦活動停止をした04年、彼はWednesday 13名義での活動をスタート。

Wednesday 13のスタイルはマーダードールズ同様、しばしばホラー・パンクと形容される。Wednesday 13は、いわゆるホラー・パンク的なサウンドと、キッスやアリス・クーパー、トゥイステッド・シスターといったシアトリカルな要素を持つハード・ロック、さらにはグルーヴ・メタル的要素を混ぜ合わせたスタイルを得意としてきた。パンクとメタル、どちらが前面に出ているかは、アルバムによってまちまちであった。

結論から言ってしまえば、『コンドレンセス』は100%メタルのアルバム。間違いなくWednesday 13史上最もヘヴィな作品である。本作についてWednesday 13本人が「パンク・ロックのフィーリングは完全になくなった」と明言しているのだから、故意にメタルに仕上げたというだ。やはりマーダードールズにおける活動、ジョーイ・ジョーディソンなどからの影響も大きかったのだろう、ここ10年ですっかりメタルヘッドになったというWednesday 13は、自分のバンドのスタイルを、ホラー・パンクからホラー・メタルへと「進化」させたと断言する。

『コンドレンセス』は「仰々しさを抑えた、よりシリアスでダークな作品」である、とWednesday 13は語る。アルバムのタイトルからして、Condolences=哀悼の言葉、だ。パンク・ロックのフィーリングが消え、完全にメタル・バンドとなったWednesday 13だが、決してその音楽スタイルが単調になったというわけではない。ノリのよいハード・ロックからグル―ヴィーなもの、スローなものからスラッシュからデスまでと、その射程範囲は広い。中でも7分に渡るタイトル曲は、そのハイライトだろう。「死はお前の運命、お悔やみ申し上げます」と、死についてスローにアトモスフェリックに、そしてドヘヴィにシリアスに語られるこの曲こそ、Wednesday 13が作り出すホラー・メタルの真骨頂である。

『コンドレンセス』は、Wednesday 13やマーダードールズのファンはもちろん、エクストリーム・メタル・ファンなら誰もが楽しめるヘヴィ、そしてグル―ヴィーな作品。ホラー・マスターによるホラー・メタルの真髄を、ぜひ体験してみて欲しい。

【メンバー】
ウェンズデイ13(ヴォーカル)
ローマン・サーマン(ギター)
ジャック・タンカズリー(ギター)
トロイ・ドーブラー(ベース)
カイル・カストロノヴォ(ドラムス)


【収録曲】
01. ラスト・ライツ
02. ホワット・ザ・ナイト・ブリングス
03. カダヴァラス
04. ブラッド・シック
05. グッド・リダンス
06. ユー・ブリーズ、アイ・キル
07. オーメン・アーメン
08. クルエル・ トゥ・ユー
09. ユーロジー XIII
10. プレイ・フォー・ミー
11. ロンサム・ロード・トゥ・ヘル
12. コンドレンセス
13. デス・インフィニティ