日本のエクストリーム・メタル・バンド、サイが12枚目となるアルバムをリリース。
ギター・ベースはフレデリク・ルクレール(クリエイター、元ドラゴンフォース)、ドラムはマイク・ヘラー(フィア・ファクトリー、レイヴン)の超強力布陣!全編日本語詞を用いられ、徹底して死への恐怖が語られていく。日本盤にはボーナストラック2曲収録。


日本のエクストリーム・メタル・バンド、サイ。その結成は90年にさかのぼる。数本のデモを制作したのち、今は亡きユーロニモス(メイヘム)のデスライク・サイレンス・プロダクションズと契約。93年には、デビュー・アルバム『Scorn Defeat』をリリースする。(残念ながら、発売直前にユーロニモスは殺害されてしまったが。)その後クレイドル・オブ・フィルスやディム・ボルギルを発掘したカコフォナス・レコードと契約。97年にリリースされたサード・アルバム『Hail Horror Hail』は、英国テロライザー誌にて、「90年代の重要アルバム100」に選出される。その後もセンチュリー・メディア、ジ・エンド・レコード、キャンドルライト・レコードなどを渡り歩いてきたサイは、これまでに11枚のアルバムをリリースしている。

そんな彼らが4年ぶり、12枚目となる新作『Shiki』をリリースする。ダークスローンのホーム、ピースヴィル移籍後初作品となる本作では、クリエイター、元ドラゴンフォースのフレデリック・ルクレール(G,B)、フィア・ファクトリー、レイヴンのマイク・ヘラー(Dr)という超強力布陣が、川嶋未来(Vo,Key,Flute等)の脇を固める。アルバム毎に音楽性が異なる印象のあるサイだが、久々の和風アートワークをフィーチャーした今回は、初期のブラック・メタルへの回帰も感じさせる作風となっている。とは言え、川嶋本人の演奏による尺八やタンプーラなども飛び出し、相変わらずリスナー置き去り感も満載であるのだが。「死期」、「四季」、「私記」、「式」、「屍鬼」など、日本語において無数の意味があるタイトルを持つ本作では、全編日本語詞が用いられ、徹底して死への恐怖が語られていく。
ミックス、マスタリングはラッセ・ラメルト(エイルストーム、ルシッド等)。
日本盤にはボーナストラック2曲収録。


【メンバー】
川嶋未来 (ヴォーカル、フルート、キーボード、ピッコロ、クラリネット、尺八、篳篥、三味線、大正琴等)
ドクター・ミカンニバル (ヴォーカル、アルト・サクソフォン、ソプラノ・サクソフォン)
フレデリク・ルクレール(ギター、ベース)
マイク・ヘラー(ドラムス、ボンゴ、コンガ、ミニ・ボンゴ、ベル等)
藤並聡 (ベース)

■ 収録内容

  1. 黒い祈り
  2. 黒い影
  3. 生者必滅
  4. 殺意〜夏至のあと
  5. 冬が来る
  6. 生苦
  7. 黒い鏡
  8. 真夜中の怪異
  9. 冬至の朝

《日本盤限定ボーナストラック》

  1. 真夜中の怪異(オルタネイト・ヴォーカル・ミックス)
  2. 夏至のあと(デイヴィッド・ハロウ・リミックス)