古き良きロックのフィーリングと、21世紀の新しさが同居する
“ネオ・ノスタルジック・ロック”

イギリスから飛び出した期待の新人エレクトリック・ピラミッド。古き良きロックのフィーリングと21世紀の新しさが同居する哀愁たっぷりのネオ・ノスタルジック・ロックは、日本人の心を激しく揺さぶる!ヴォーカリストのオル・ビーチは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でもおなじみ、クイーンのマネージャー、ジム・ビーチの息子。危機が叫ばれて久しいロックの世界に久々に現れた救世主、エレクトリック・ピラミッド。そのデビュー作を聞かずして、音楽は語れない!

ELECTRIC PYRAMID

エレクトリック・ピラミッド

2021年5月28日 発売予定
【CD収録曲】
  1. ローン・ランナー / Lone Runner
  2. ワン・ゴー / One Go
  3. ロブ・ザ・マン / Rob The Man
  4. ワイルド・ワールド / Wild World
  5. ルッキング・フォー・ラヴ / Looking For Love
  6. シルヴァー・スクリーンズ / Silver Screens
  7. ムーン・ライディング / Moon Riding
  8. キヒム・ライジング / Kihim Rising
  9. リヴァー / River
  10. タワー / Tower

Members

  • オル・ビーチ
    (ヴォーカル)

  • クリスチャン・メンドーサ
    (リード・ギター、キーボード、ヴォーカル)

  • ルイージ・カサノヴァ
    (ベース、ヴォーカル)

  • クリス・ブライス
    (ドラム、パーカッション、ヴォーカル)

  • ライナス・テイラー
    (リード・ギター、ヴォーカル)

バンドの顔を務めるヴォーカリスト、そしてソングライターでもあるオル・ビーチは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でもおなじみ、クイーンのマネージャー、ジム・ビーチのご子息でもある。そんなオルのもとに、4人のミュージシャンが集まって結成されたのが、このエレクトリック・ピラミッド。
リード・ギターのクリスチャン・メンドーサはメキシコ出身。その後ニューヨークに渡り、ギタリストとしての腕を磨いた。
リード・ギターを担当するライナス・テイラーは、イギリス出身。ロンドンのブルース・シーンで活躍し、あのブライアン・フェリーのバンドのメンバーも務めた経歴を持つ。
ベースのルイージ・カサノヴァはイタリア出身。フォリナーとステージを共にしたこともある経験豊富なベーシスト。
ドラムのクリス・ブライスはイギリス出身。自らのバンドでコールドプレイのスタジアム・ツアーに帯同したこともある。