20余年にわたる親交から生まれた爆発的(EXPLOSIVE)ケミストリー。世界が知り、世界を知るロックシンガー、グラハム・ボネットと日本を代表するヘヴィメタルバンドANTHEMが緊急ジャム・セッション。ANTHEM「Gypsy Ways(WIN, LOSE OR DRAW)」やグラハムの名を一躍世界に広めたレインボーの『Down to Earth』に収録されている「Since You Been Gone」など それぞれの代表曲で構成された贅沢な全8曲。

ワードレコーズ・ダイレクト限定販売
|9月7日発売予定

BURRN! 07月号 6月5日発売 柴田直人&グラハム・ボネット 表紙&巻頭大特集 柴田直人インタビュー記事 全4回 WARD LIVE MEDIA PORTAL 連載中!!

収録予定

[ CD収録予定曲 ]

  1. Gypsy Ways(WIN, LOSE OR DRAW)
  2. Cryin’ Heart
  3. Midnight Sun
  4. Since You Been Gone
  5. Lost in Hollywood
  6. Desert Song
  7. The Witchwood
  8. Night Games

[ DVD収録予定 ]

「Cryin’ Heart」ミュージック・ビデオ (東京でのレコーディング・ドキュメント映像)

<メンバー>
Naoto Shibata (Bass)
Akio Shimizu (Guitar)
Yukio Morikawa (Vocal)
Isamu Tamaru (Drums)

Graham Bonnet (Vocal)
レインボーやアルカトラスで活躍した伝説的シンガー、グラハム・ボネットと日本が誇るオーセンティックなヘヴィメタルバンドANTHEMがここに合体。ANTHEMのリーダー柴田直人の「ジャム・セッションみたいなレコーディングを」という誘いをグラハムが快諾。しかし、言うは易く行うは難し。実現までのハードルが高いのは世の常。それを軽々と越えられたのは、20余年にわたる親交の成せる業。二人のあいだに厚い信頼があればこそ。かくして緊急セッションが成就した。

2000年発売の『HEAVY METAL ANTHEM』(グラハム参加)にも収録された「Gypsy Ways(WIN, LOSE OR DRAW)」、レインボーの『Down to Earth』収録「Since You Been Gone」、マイケル・シェンカー・グループ『Assault Attack』収録「Desert Song」、グラハムのソロ『LINE UP』収録「Night Games / 孤独のナイトゲームス」など、ANTHEMとグラハム、それぞれの代表曲で構成されたラグジュアリーな全8曲。

アルバム・タイトル『EXPLOSIVE!! -studio jam-』は、一流同士の爆発的(EXPLOSIVE)なスタジオ・ジャム・セッションを言い表している。名は体を表わす。お互いの緊張感とリラックス、信頼と敬意、ハートとスキルのケミストリーを、余すことなくレコーディング。遊び心で始めても、音が鳴れば、本気モードは隠せない。真剣な中にも、ベテランならではの遊び心は忘れない。まさに本作はEXPLOSIVE!!以外の何ものでもない。

ちなみにアルカトラス『Dangerous Games』からバラード「The Witchwood」をチョイスしたのは柴田直人。この玄人好みの選曲にも、ニヤリと笑い、マイクの前に立ったグラハム。そして、世界中のロック・ファンが、これぞまさにグラハム・ボネットと、歓喜するヴォーカルを聴かせてくれている。