ザ・ローリング・ストーンズ/トータリー・ストリップド〜ライヴ・アット・オランピア・パリ 1995.07.03【通常盤DVD】

2017年3月31日 発売


1995年7月3日、パリのオランピア劇場のフル・ライヴ映像が日本限定リリース!輸入盤、海外での単品発売はありません!寺田正典氏による数万字に及ぶ長編解説付き!【日本限定単体発売/日本語字幕付き/日本語解説書封入】

トータリー・ストリップド〜ライヴ・アット・オランピア・パリ 1995.07.03【通常盤DVD】

ザ・ローリング・ストーンズ トータリー・ストリップド〜ライヴ・アット・オランピア・パリ 1995.07.03

NEW
商品形態
通常盤DVD
品番
GQBS-90281
価格
7,020円(税抜 6,500 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明

DETAIL


新作ブルース・カヴァー・アルバムは『オリコン』チャートで2週連続洋楽部門トップを獲得するなどここ日本でも絶好調のローリング・ストーンズだが、日本のみ許可された1月4日の『オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』『ハバナ・ムーン』の連続「絶響」上映会に続いて、またしても日本のファン向けに2作品がスペシャル同時リリースされることが発表となった。

こちらは、『トータリー・ストリップド』(2016年5月20日発売)のTシャツ付き完全限定盤ボックスかスーパー・プレミアム・ボックスを買えた人しか観られなかった、'95年のパリ、オランピア劇場でのスモール・ギグの映像の単独リリース。

'95年のオランピア劇場でのライヴは、'95年に『ストリップド』制作を兼ねて行なわれ、『トータリー・ストリップド』の2種類のボックス・セットに付属していた3公演のフル映像――アコースティック編成を多用して最もチャレンジングだったアムステルダムのパラディソ公演(5月26日)、その後のスモール・ギグのひな型にもなったであろうパリのオリンピア劇場公演(7月3日)、スタジナム・ライヴの豪華なショーケースとも言えたロンドンのブリクストン・アカデミーでの小規模公演(7月19日)――のうち、パリのオランピア劇場でのライヴ映像を単独パッケージ化したもの。3公演の中で最もタイトな演奏を聴かせていたこの日のライヴ作品の単独リリースが世界の中で、日本だけで許されたことは非常に嬉しいし、'95年の『ヴードゥー・ラウンジ』ヨーロッパ・ツアーを代表する演奏の充実ぶりが、リーズナブルな価格で、より広い日本の音楽ファンの方々に届くようになるのは意義深いと思う。 

文=寺田正典


【メンバー】
ミック・ジャガー(ヴォーカル)
キース・リチャーズ(ギター)
チャーリー・ワッツ(ドラムス)
ロニー・ウッド(ギター)

【サポート・ミュージシャン】
ダリル・ジョーンズ(ベース)
リサ・フィッシャー(バッキング・ヴォーカル)
バナード・ファウラー(バッキング・ヴォーカル)
チャック・ラヴェール(キーボード)
ボビー・キーズ(サックス)
アンディ・スニッツァー(サックス)
ケント・スミス(トランペット)
マイケル・デイヴィス(トロンボーン)



【DVD収録曲】
《1995年7月3日 パリ/オランピア劇場》

01. ホンキー・トンク・ウィメン
02. ダイスをころがせ
03. ユー・ガット・ミー・ロッキング
04. オール・ダウン・ザ・ライン
05. シャッタード
06. ビースト・オブ・バーデン
07. レット・イット・ブリード
08. 悲しみのアンジー
09. ワイルド・ホース
10. ダウン・イン・ザ・ボトム
11. シャイン・ア・ライト
12. ライク・ア・ローリング・ストーン
13. アイ・ゴー・ワイルド
14. ミス・ユー
15. コネクション
16. スリッピング・アウェイ
17. ミッドナイト・ランブラー
18. リップ・ディス・ジョイント
19. スタート・ミー・アップ
20. イッツ・オンリー・ロックン・ロール
21. ブラウン・シュガー
22. ジャンピン・ジャック・フラッシュ



【DVD仕様】
収録時間:約124分
画面サイズ:4:3
音声:ドルビー・デジタル ステレオ/ドルビー・デジタル 5.1chサラウンド/DTSサラウンド・サウンド