ベン・ウォーターズ/ブギー・4・スチュ【2枚組LPレコード】


当ストア限定商品
2枚組LPレコード ダブルジャケット仕様 限定300枚!!


イギリスの凄腕ピアニスト“ベン・ウォーターズ”が6人目のストーンズ、今は亡きピアニスト“イアン・スチュワート”に捧げたトリビュート・アルバム! 本作コンセプトに賛同したストーンズの面々、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッド、チャーリー・ワッツ、さらにビル・ワイマンと新旧ストーンズ・メンバーが参加し全面バックアップ!! ミックスにはグリン・ジョンズ、ジャケットはサージェント・ペッパーズのサー・ピーター・ブレイク!!

ブギー・4・スチュ【2枚組LPレコード】

ベン・ウォーターズ ブギー・4・スチュ

通販限定
商品形態
2枚組LPレコード
品番
WRDLP-002
価格
6,664円(税抜 6,171 円)
購入数

※返品について必ずご確認ください

ツイート
チェック

商品説明 DETAIL

◆豪華参加ミュージシャンはこちら◆


ブギー・4・スチュ参加ミュージシャンのみなさんから
日本へメッセージをいただきました

Charlie Watts and Ronnie Wood and all the ABC&D of Boogie Woogie send you their very warm regards and every wish that things will return to somenormality as soon as possible.
チャリー・ワッツ、ロニー・ウッド、そしてABC&D of Boogie Woogieのメンバーの想いは皆様と共にあり、一日も早い復興を心から願っております。


イアン・スチュワートへのコメント

-ビル・ワイマン-
常に目的を持って行動する人だった。音楽に関係する事であろうがなかろうが常に決められたルールにのっとり軸もぶれずに物事進めていた。僕らがどんなに意見しようが絶対に曲げる事はなかったよ。

-ジェフ・ベック-
イアンスチュアートはいわゆるショービジネスの華やかさからはかけ離れていたよ。「そんな事知るか!俺たちはブルースやるだけだぜ」ってそんな感じさ。

-ミック・テイラー-
スチュは間違いなくストーンズの一員だったよ。彼がいなければバンド自体続いてなかったんじゃないかな?彼みたいな人が必要だったんだと思うよ。スチュがストーンズにおける常識だった。彼のおかげでバンドは地に足がついてたよ。

-キース・リチャーズ-
チャーリーをドラマーとして迎え入れるのに尽力してくれたのがスチュさ。そういう意味でストーンズはスチュのバンドだったんだ。彼が俺たち一人一人選んでくれたんだ。

-チャーリー・ワッツ-
スチュからしたら俺たちは自惚れすぎた給料泥棒だったんじゃないなかな。ま、その通りなんだけどね。

-ロニー・ウッド
皆が彼をどれだけ愛していたかを彼自身知っていてくれた事を願うよ。

-ミック・ジャガー
彼の影響を今でも感じるよ。キース曰く「あいつが肩越しにお前を見守ってるんだよ」ってね。言葉でどう表現しようが今でも彼に強く影響され彼の音楽をやってるのさ。


【下記の注意事項をよくご確認の上お申し込みください】
※限定数に達し次第販売を終了いたします。
※海外への発送はいたしません。This product is for sale in Japan only. Overseas order and shipping are not available.
※配送は株式会社ワードレコーズが委託した株式会社ニューブックが行います。
※限定商品のため、他の商品と一緒にご購入いただくことはできません。
※限定商品のため、決済方法を問わずお申し込み後のキャンセルは一切お受けできません。よくご確認の上お申し込みください。

※当ストア完全限定オリジナル商品です。一般レコード店での販売はいたしません。


30代半ばにしてブギウギの名手と賞賛されるイギリスのブギウギ・ピアノ・プレイヤー、ベン・ウォーターズ。ソロ・アーティストとして活躍しながら数々のトップ・ミュージシャン達とも共演を果たしており、ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)、チャック・ベリー、デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)といった大御所達からも高い評価を受け、そのスキルとテクニックはストーンズのチャーリー・ワッツのソロ・バンドでもいかんなく発揮されている。

そんなベンの最新アルバム『ブギー・4・スチュ』は、ストーンズの初期ピアニストだった故イアン・スチュワート(通称”スチュ”)に捧げるトリビュート・アルバム。生前のスチュが愛してやまなかったアメリカ黒人音楽を中心にレイ・チャールズ、ビッグ・メイシオ、ジミー・ヤンシー、ビッグ・ジョー・ターナーなど、通好みの選曲で魅せてくれるこのアルバムだが、驚かされるのが豪華参加メンバーの面々だ。ミック・ジャガー、キース・リチャーズというストーンズ勢をはじめ、スクイーズの一員でイギリスではTV番組ホストとして人気のジュールス・ホランド、ベンのいとこであるPJハーヴェイらが参加、スチュへの敬意と愛情がひしひしと伝わってくるプレイを聴かせてくれる。

アルバムのハイライトは、ボブ・ディランのカヴァー「ウォッチング・ザ・リヴァー・フロウ」。ディランが1971年にシングルで発表したこの曲だが、本作ではミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロニー・ウッドというストーンズの全メンバーに、1992年に脱退したベーシストのビル・ワイマンが合流。『ブラック・アンド・ブルー』(75)から『スティール・ホィールズ』(89)までのラインアップであり、1990年の初来日公演と同じ顔ぶれのストーンズが復活しているのである。ストーンズにとっては2005年の『ア・ビガー・バン』以来となるスタジオ新音源、1995年の「ライク・ア・ローリング・ストーン」以来のボブ・ディラン・ナンバーへの挑戦など、ストーンズ・ファンにとっても興味の尽きないナンバー。参加ミュージシャン達にとっても、親しい友人だったスチュへの思いを込めた入魂の演奏となっている。さらに「ウォリード・ライフ・ブルース」ではキースとロニーが交互にリードヴォーカルをとりチャーリーがゲスト参加。「ルーミン・ハウス・ブギー」ではキースとビルがゲスト参加(ビルはSide1-M2,Side2-M4,Side3-M1の3曲に参加)。合計キースが3曲、チャーリーが6曲、ロニーが2曲と、ストーンズの全面バックアップを得ているのが本作だ。

本編ラストは「ブリング・イット・ホーム」(サム・クックのカヴァー)と日本盤ボーナストラックとして13曲目に収録されている「シカゴ・コーリング」は生前のイアン・スチュワートが自らのバンド、ロケット88と共に出演した1984年のモントルージャズフェスティヴァルの未発表音源ライヴ音源。スチュが亡くなる前年の演奏だ。

ミックスを手がけているのはグリン・ジョンズ。ビートルズやストーンズ、レッド・ツェッペリンなどを手がけてきた大ベテランだ。また、ジャケット・アートワークを担当するサー・ピーター・ブレイクは、ビートルズ『サージェント・ペパーズ〜』を手がけたアーティスト。イアン・スチュワートの肖像は、本作用に描きあげたものだ。

英国ロックを代表する偉大なるミュージシャン達、そしてシーンを脇から支えてきた面々の力を得た本作『ブギー・4・スチュ』は、ブリティッシュ・ロックの豊潤なる奥深さを感じさせる作品に仕上がっている。


【ベン・ウォーターズ】
1970年代にイギリスに生まれ、14歳のときにシェイキン・スティーヴンズと共演したのをきっかけにプロのピアノ奏者としての活動を開始する。ミック・ジャガーやデヴィッド・ギルモア、チャック・ベリー、ビーチ・ボーイズ、レイ・デイヴィスとの共演も果たし、チャーリー・ワッツのソロ・バンドでも活躍。英王室主催のチャリティ・コンサートのハウス・ピアニスト常連でもある。英国ブギウギ・ピアノの第一人者として、ソロ・アーティストとしても活動。2008年5月には単独来日公演も行っている。

【イアン・スチュワート】 (1938-1985)
初期ローリング・ストーンズのピアノ奏者。レコード・デビュー前にマネージャーから「ルックスが地味すぎる」という理由でバンドのメンバーから外され、サポート役に甘んじるが、ライヴやレコーディングで”6人目のストーンズ”として活躍、”スチュ”の愛称でメンバーの信頼が厚かった。ストーンズの数々のヒット曲に加え、レッド・ツェッペリン『IV』(71)の「ロックン・ロール」、『フィジカル・グラフィティ』(75)収録の「ブギー・ウィズ・スチュ」でもプレイしている。1985年12月12日、心臓発作で死亡。


◆当ストア限定販売/2枚組LPレコード・ダブルジャケット仕様/日本語解説・歌詞・対訳付
◆世界的な高品質を誇る東洋化成・手塚エンジニアによるカッティング!

▶SHM-CDはコチラ




【収録曲】
[Side 1]
1. BOOGIE WOOGIE STOMP
2. ROOMING HOUSE BOOGIE
3. WORRIED LIFE BLUES
4. BOOGIE FOR STU

[Side 2]
1. MAKE ME A PALLET ON YOUR FLOOR
2. MIDNIGHT BLUES
3. LONELY AVENUE
4. WATCHIN THE RIVER FLOW

[Side 3]
1. ROLL 'EM PETE
2. SUITCASE BLUES
3. BRING IT ON HOME TO ME

[Side 4]
1. KIDNEY STEW
2. CHICAGO CALLING