世界で最も著名なギタリストの一人、アレキシ・ライホが逝去しました。チルドレン・オブ・ボドムのフロントマンとして知られたこのミュージシャンは、先週ヘルシンキの自宅で死去。ライホはここ数年間、健康問題に悩まされていました。

アレキシ・ライホとドラマーのヤスカ・ラーチカイネンは、1993年にチルドレン・オブ・ボドムを結成。2019年12月に行われたフェアウェル・コンサートまでずっと、国際的に最も賞賛されたフィンランドのアーティストの一つであり続けました。昨年アレキシ・ライホはボドム・アフター・ミッドナイトを結成。レコーディングされた3曲と一本のミュージック・ヴィデオは、今後リリースされる予定です。

チルドレン・オブ・ボドム以外でも、ライホはウォーメン、シナジー、Kylähullut、ザ・ローカル・バンドなどでの活躍で知られていました。メタル・ハマーのゴールデン・ゴッズをはじめ、いくつかの国際的な賞も受賞。 2015年のヘルシンキ・フェスティヴァルでは、”100 Guitars From Hel”というプロジェクトで100人のギタリストとともに、彼が作曲した巨大なコンサート・ピースを披露しました。

「大切な友人でありバンド・メンバーの急逝に胸が潰れる思いです。言葉ではこのショック、深い悲しみを表しきれません。」ボドム・アフター・ミッドナイトのメンバー、Daniel Freyberg, Mitja Toivonen and Waltteri Väyrynen

才能あふれるこのギタリスト、ミュージシャンは、血の繋がった人、そうでない人たちが集まった家族の中で、義理の父親、そして叔父、名付け親としての役割を楽しんでいました。特にここ数年、大切な家族の絆が彼の生活、活発なツアーに、歓迎すべきバランスを与えていました。ライホはとりわけ姉、両親、そして姪と親密でした。彼の姉は、「私たちはみな、大きなショックを受け、打ちひしがれています。私たちのプライバシーを尊重してください。弟の葬儀は、近親者のみで執り行います。」と語っています。

アレキシ・ライホの死は、彼のオーストラリアの家族にも深い悲しみを与えるでしょう。

「アレキシは最も愛すべき素晴らしい夫であり、父親でした。私たちの悲しみは、永遠に癒えることはないでしょう。」と、ケリ・ライト・ライホは語っています。



Guitarist Alexi Laiho deceased

One of the most renowned guitarists in the world, Alexi Laiho, has passed away. The musician, most notably known as the front man of Children of Bodom, died in his home in Helsinki, Finland, last week. Laiho had suffered from long-term health issues during his last years.

Alexi Laiho and drummer Jaska Raatikainen founded Children of Bodom in 1993, and the band was one of the most internationally acclaimed metal acts in Finland up until their very last farewell concert in December of 2019. Last year Alexi Laiho put together Bodom After Midnight, who recorded three songs and shot one music video, which will be released later on posthumously.

Besides Children of Bodom, Laiho was known for acts such as Warmen, Sinergy, Kylähullut and The Local Band. Awarded with a Metal Hammer Golden Gods and several other international prizes, the guitarist was also the main star, leading a group of one hundred guitar players at Helsinki Festival in 2015 in “100 Guitars From Hel” – a massive concert piece he composed.

“We are crushed by the sudden passing of our dear friend and band member. Words cannot describe this shock and the profound sadness that we feel”, Daniel Freyberg, Mitja Toivonen and Waltteri Väyrynen from Bodom After Midnight state.

The talented guitarist and musician relished his roles as stepdad in his patchwork family, and as uncle and godfather. Especially during the last years, the important family ties brought a welcomed balance to his life and the active touring. Laiho was particularly close with his big sister, parents and his sister’s daughter. Laiho’s sister says:

“We are all absolutely shocked and devastated. We ask for privacy and understanding during these hard times. My little brother’s funeral will take place privately.”

Alexi Laiho will also be deeply missed by his family in Australia.

“Alexi was the most loving and magnificent husband and father. Our hearts are eternally broken”, Kelli Wright-Laiho says.


心よりご冥福をお祈り申し上げます。