INFORMATION

東方からのヘヴィ・メタルの雷鳴がふたたび鳴り響く!
ニュー・アルバム『RISE TO GLORY -8118-』を引っ提げて
LOUDNESSが栄光に向かって立ち上がるときが来た!

RISE TO GLORY -8118-

  • 500セット限定 直輸入2枚組LPレコード
    3,500円+税
  • 初回限定盤CD+ボーナスライヴDVD
    3,500円+税
  • 通常盤CD
    2,500円+税
  • 20セット限定 メンバー全員直筆サインカード付
    CD+ボーナスライヴDVD+マフラータオル+リストバンド
    7,500円+税
  • 500セット限定 メンバー全員直筆サインカード付
    CD+ボーナスライヴDVD+直輸入2枚組LPレコード
    +マフラータオル+リストバンド

    9,800円+税

購入する

【CD/2枚組LPレコード収録予定曲】
01. 8118 -Instrumental-
02. Soul on Fire
03. I’m Still Alive
04. Go for Broke
05. Until I See the Light
06. The Voice
07. Massive Tornado
08. Kama Sutra -Instrumental-
09. Rise to Glory
10. Why and for Whom
11. No Limits
12. Rain
《初回盤/500セット通販限定先行予約セットのみ収録》
13. Bad Loser *BONUS TRACK


【ボーナスライヴDVD収録予定内容】
〔2016年12月30日 “35th Anniversary Year Special Live FAN’s BEST SELECTION
 ~We are the LOUDNESS~”〕
01. Ghetto Machine
02. Milky Way
03. Metal Mad
04. The Sun Will Rise Again
05. Let It Go
06. Speed
07. Slaughter House
08. Ares’ Lament
09. Like Hell
10. Gotta Fight
11. Loudness
12. Soldier Of Fortune
13. Dream Fantasy
14. S.D.I
15. In The Mirror
16. Crazy Nights
17. Crazy Doctor

※トラックリストは変更になる可能性があります


1981年に結成、日本を代表するヘヴィ・メタル・バンドとしてシーンを牽引する一方で世界へと進出、『THUNDER IN THE EAST』(1985/全米チャート74位)、『LIGHTNING STRIKES』(1986/全米チャート64位)などをヒットさせ、国境を超えた熱烈な支持を得てきた。

この度発売になる『RISE TO GLORY -8118-』は、前作『THE SUN WILL RISE AGAIN』(2014)から約4年ぶりの新作。攻撃性とメロディ、そしてポジティヴな勢いを極めたアルバムだ。

ヴォーカリストの二井原実は本作を「一緒にスカッとする、檄を飛ばすアルバム」と形容する。世界をロックの巨大台風に巻き込んでいく「Massive Tornado」からロックに魅せられた少年時代の燃えさかるパッションを歌い上げた「Soul on Fire」、ひたすら“生き続ける”ことを謳歌する「I'm Still Alive」、極東からヘヴィ・メタルによる世界制覇を宣言する「Rise To Glory」まで、混迷の現代における人生のサポーターズソングが並ぶ。

世界からリスペクトされるギター・ヒーロー、高崎晃の神技ギターも全編フィーチュアされている。彼は本作でのギター・プレイについて「今世紀に入って一番弾いた。サウンドに魂が宿ったんだ」と語っており、そのプレイは、長年彼を追ってきたギター・キッズすらも驚愕させるだろう。各曲のギター・ソロはもちろんのこと、バンドのプログレッシヴ・サイドを表現するインストゥルメンタル・トラックでも凄まじいフレーズを聴くことが可能だ。

「Massive Tornado」「No Limit」「Rise To Glory」と疾走感を伴うスピード・チューンが散りばめられている本作だが、メランコリックな「Rain」、メロディアス・サイドを強調した「Until I See The Light」など、起伏に富んだソングライティングは聴く者を壮大な旅路へといざなっていく。

“From the Far East, we came to conquer / Across the seven seas”
(“極東の地から、我々は征服におもむく/七つの海を越えて”)
「Rise To Glory」より

世界同時発売となる『RISE TO GLORY -8118-』、そしてバンド史上最大規模となるワールド・ツアーによって、LOUDNESSは1980年代以来となる世界への大攻勢をかける。“栄光への蜂起”が、いま始まるのだ。

なお日本盤・初回限定盤にはボーナスライヴDVDとして2016年12月30日、東京・EX THEATER ROPPONGIで行われたファン選曲ベスト・ライヴ“35th Anniversary Year Special Live FAN’s BEST SELECTION ~We are the LOUDNESS~”が全曲収録される。
重要なお知らせ
去る2月8日、LOUDNESSのドラマー“あんぱん”こと鈴木政行は、自らの体調の異変に気づき病院に駆け込んだところ、脳梗塞の疑いがあるとの事で、そのまま入院となりました。幸いすぐに適切な処置が行われた為、命に別状はなく、診断の結果は脳梗塞ではあったものの、その後大きな障害も出ずに、順調に回復しております。しかしながら、梗塞の起こった原因を突き止める検査や、リハビリが必要な為に今日現在も入院中で、ステージでドラムを叩くような激しい運動は控えるよう、医師からも止められております。この事実に対し、本人も含めたメンバー&スタッフで協議した結果、来月からのツアーに関しては、サポートドラマー(西田竜一氏)をピンチ・ヒッターに迎え、予定通り行う決断となりました。“あんぱん”の一日も早い回復を、メンバー&スタッフ一同心から望むと共に、再び彼を最高の状態で迎え入れられるよう、ここでバンドとしての活動は止めることなく、前を向いて進んで行きたいと思います。
それでは、みなさまとツアーでお会いできることを楽しみにしております。

2018年2月28日
LOUDNESSメンバー
スタッフ一同


February 28th, 2018
Statement from LOUDNESS regarding the upcoming Japanese tour

On this February 8th, LOUDNESS drummer Masayuki Suzuki, also known as "Ampan", felt unwell and rushed into the hospital. He was diagnosed with a mild stroke (cerebral infarction) and forced to be hospitalized straightaway. Fortunately he got a proper treatment and is now steadily recovering with no life-threatening danger or serious after-effects. However, he is still in hospital going through the inspection to detect the cause of the stroke and is advised to refrain from heavy physical exercise like drumming on stage for the time being. Having discussed this situation, We, LOUDNESS members including Ampan himself and staff, have come to the conclusion that the upcoming Japanese tour that starts from next month will be held as planned with support drummer, Ryuichi Nishida. All members and staff wish Ampan a quick recovery and we will keep moving forward without stopping so that we can welcome him back when he gets well. We look forward to seeing all of you at the tour.

LOUDNESS Members and Staff

PAGE TOP