Ward RECORDS
ジョン・サイクス最新アルバム 2019年 発売決定



THIN LIZZY、WHITESNAKE、BLUE MURDERでの活動で知られるスーパーギターヒーロー、ジョン・サイクスが19年ぶりとなる待望の最新スタジオ・アルバムを2019年中にリリースする。

来日公演の模様を収めた2004年のライヴ作品『Bad Boy Live!』を挟み、オリジナル・アルバムとしては2000年の『Nuclear Cowboy』以来19年ぶりとなる本作は、日本/全アジアではWard Recordsからリリースされる。海外は、近年急速に勢力を拡大しているレーベルGolden Robot Recordsと正式契約しての新作となる。なお、GRRは、GENTLE GIANTでの活動を経て、ロードランナー、アトコ、ポリグラムといったレコード会社の社長を歴任してきたデレク・シャルマンが深く関与している。かつての盟友トニー・フランクリン(Bass)が久々に復帰、黒人ドラマーのフレッド・ボズウェル Jr.と共にレコーディングに参加している。

「そろそろアルバムを出すべき時期だからね。
Golden Robotと契約して、
自分にふさわしい場所を見つけた感じさ。」

ジョン・サイクス


「アルバムを聴いたけど、これは大ヒットになるよ。この間ロスのNAMMショーでジョンと一緒にいたのだけど、
まるでエルヴィスと歩いているような気分だった。彼は本当にみんなに愛されているね」

マーク・アレクサンダー・アーバー(Golden Robot Entertainment 代表)


「世界中のロックファンが、心から歌い演奏するミュージシャンを聴くべき時だ。素晴らしい、そして本物の才能を持ったジョンが、ついに彼の音楽を世界中のロックファンに聴かせようと決断し、Golden Robotのチームとともにそれを実行できることをただただ幸せに思うよ。これは正に、全てのロックファンの心を打つ瞬間さ。」

デレク・シャルマン(Golden Robot Entertainment 取締役会長)

イギリスはレディング出身のジョン・サイクスは、TYGERS OF PAN TANG、THIN LIZZYでの活動を経て、WHITESNAKEへの参加で世界的ブレイク。トレードマークの黒のギブソン・レスポール・カスタムを携え、ゲイリー・ムーアから多大なる影響を受けたエモーショナルなギタープレイと、類まれなルックスを兼ね備え、まさに新時代のギターヒーローとしてシーンに君臨することとなる。WHITESNAKE脱退後にカーマイン・アピス、トニー・フランクリンとBLUE MURDERを結成、その後はソロに転向しアルバムをリリースする一方で、THIN LIZZYを再結成しライヴ活動を行うなど、これまで常にシーンの中心となり、順調にキャリアを築き上げてきた。2004年にはトミー・アルドリッジ、マルコ・メンドーサらと来日公演を行うも、2000年の『Nuclear Cowboy』を最後にオリジナル・スタジオ・アルバムのリリースは途絶えており、新作のリリースが長らく待ち望まれていた。

Golden Robot Records オフィシャルサイト
https://goldenrobotrecords.com/